2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.22 (Fri)

「対話」のない社会 を読んで~~3.<対話>を圧殺する風土

中島 義道 さんの、「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの (PHP新書) (単行本(ソフトカバー)) の感想文、その3。

1.<対話>とは何か
2.<対話>の敵
3.<対話>を圧殺する風土(本記事)



今回は、3.<対話>を圧殺する風土について。
日本文化の「根っこ」に<対話>嫌いの要素があるのではないか?
そういう目線で書かれたもの。

<対話>は<対立>から生まれる。
したがって、対立を圧殺することは<対話>を圧殺することである。(本文p.166~167より)










【More・・・】

○「空気支配」=「状況功利主義」=「和の精神」
「そこに居ることこそ最重要事」という村の寄り合いの伝統は今も息づいている。
・山本七平「「空気」の研究」(文春文庫)より。
『それ(「空気」のこと:引用者注)は非常に強固でほぼ絶対的な支配力をもつ「判断の基準」』
・竹内靖雄「日本人の行動文法」(東洋経済新報社)より。
「空気支配」に身をゆだねる日本人の行動様式:「状況功利主義」(situation-utilitarianism)
  ・「状況受容」(situation-taking)を基本原則とする。
  ・個人責任の回避
 ↓
自己決定・自己責任からの回避
(中島による)状況功利主義の犠牲者
・<対話>をあきらめ様子の推移をうかがう膨大な弱者たち(マイノリティ)
・<対話>のない世界に安住しそこで利益を受けている強者たち(マジョリティ)

○対立を避けること
・ヨーロッパ社会:産み出された対立を総合することに主たる努力が向けられる
・日本社会:対立そのものを産み出さないこと、対立があっても「なかった」ことにすることに最大の努力が払われる
「対立嫌悪症」が「長幼の序」や「謙譲の美徳」と結びつくと、目上の者と目下の者との<対話>を徹底的に阻害することになる。

○「個人主義」

他者は自分の拡大形態ではないこと、それは自分とは異質な存在者であること。よって、他人を理解すること、他者によって理解されることは、本来絶望的に困難であることをしっかり認識すべきなのである。(本文p.190より)



竹内靖雄「日本人の行動文法」(東洋経済新報社)による、西洋近代型個人主義である「強い個人主義」と日本型個人主義「弱い個人主義」の比較。
・強い個人主義
 ・利益の追求に集中する。
 ・他人との関係において攻撃的で、競争指向的になる。
 ・市場を利用する。すなわち、市場ゲームの個人プレーヤーとして生きようとする。
・弱い個人主義
 ・不利益の回避を重視する。
 ・他人との関係において防衛的で、競争回避的になる。
 ・集団を利用する。すなわち、個人はまず集団に所属し、その集団が市場のプレーヤーとなる。
「弱い個人主義」は集団に依存することを重視するので「集団主義(groupism)と呼ばれるソシオグラマーを発達させる」

言葉の「裏」を穿鑿(せんさく)する日本的態度をもう少し減じて言葉の「表」の意味を尊重する欧米的態度をもう少し増やしてはどうか?(本文p.200~201より)



中島の推奨する<対話>のある社会とは・・・・
・弱者の声を押しつぶすのではなく、耳を澄まして忍耐づよくその声を聞く社会である。
・相手に勝とうとして言葉を駆使するのではなく、真実を知ろうとして言葉を駆使する社会である。
・言葉を尽くして相手と対立し最終的には潔く責任を引き受ける社会である。
・対立を避けるのではなく、何よりも対立を大切にしそこから新しい発展を求めていく社会である。
・他者を消し去るのではなく、他者の異質性を尊重する社会である。




~~~~~~
「他者の異質性の尊重」か。

個人の多様性。
尊重しているつもりでいる。
でも、「場の雰囲気」に流されることは多々ある気がする。
それら全てが「状況功利主義」によるものとは思わない。
でも、確かに、「場の雰囲気に流される」ということは、「真実を知ろうとする姿勢」からは遠ざかるものなのだ。
見て見ぬふりをすることが、時として「加害者」と成りうることもある。
それは、感じている。

重苦しい沈黙を破ること。
簡単なようで、とても大変なこと。
それは、どこでも同じ。
EDIT  |  20:22  |  ちょい真面目<心理・思想>  |  TB(0)  |  CM(13)  |  Top↑

Comment

他人の異質性の尊重って言うか、
そもそも自分が異質な存在なんだから、尊重せざるおえないのですよ。
故に、『自分の異質さ』をどんどん出していけばいいんですよ。
こう書くと、黒羊さんとこでのマジメ論議の延長になりそうですが。
KM |  2008.08.24(日) 00:48 |  URL |  【コメント編集】

♪構いませんよ(笑)

「他人の異質性を認める」と、「自分が異質である」とは、また意味が違う気がします。

結局、一人一人は違うもの、ということです。
私の言葉の感覚の問題かも知れませんが、「自分が異質である」ということは、他者は同質の集団であるという前提の上での言葉であるような気がしてしまうのです・・・・。

黒羊さんのところの続き、ですか?
留守中(ご自分のブログが読めない頃)にお邪魔してましたもので・・・・気兼ねはありました。
でも書き込んでましたが(苦笑)。

あの続きですかあ・・・・構いませんよ(笑)。
別のところでも書きましたが、会話していて心地よかったですので。
アカリ |  2008.08.27(水) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

他者を同質と見なくても、自分が異質って思えませんか?
例えば、テストでいい点取ったとします、成績がぶっちぎりで一位になりました、確実にその集団の中で『異質』です。
だからって「他の人はみんな平均点と同じ点数取ってる!」(同質)とは思いません。
一人一人が違うと思う事と、自分の異質を認めることは、矛盾しません。

逆に自分では異質と思っていても、
視野を広げていけば、特に異質でもなかったりするんですけどね。
あと、人間意外と考えること似てるんで、自分に似た人って結構いますし。
まあ、物事ってのは単純に直線・平面上で表せるものじゃなく、
立体的、更なる多次元的に表すものだと思うので、異質・同質って区別もつけにくいですね。
上から見るとみんな同じ場所にいるが、横から見るとバラバラだ、みたいな。

>あの続きですかあ・・・・構いませんよ(笑)。
僕は、同じこと繰り返すより、別の話題で盛り上がる方が好きなのだ。
つーか、真面目な話題を真面目に語るより、おバカな話題を真面目に語るのが大好きなのだ。
次回から、「風が吹けば桶屋が儲かるらしいが、雨が降ればどこが儲かるんだ?」をテーマに、
このコメント欄は、各々の妄想が暴走する討論の場になります。(やめれ)
KM |  2008.09.01(月) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

♪思い出します

いわれひこ達との最後らへんを思い出します。

他所のブログで対話すると強弁していたSWと対話をするべく、新しいブログを立ち上げて対話を試みました。

私は相手の言い分に妥協したのです。

SWは私の質問には一切答えず、私を批判し非難し罵倒しました。
私は質問に答えました。

私は相手の言い分に妥協したのです。

そしてSW的には結論が出たようです。
「謝罪が無い以上、対話は不可能です。」と。
なんだと、ゴルァ。
てめーはウルトラマンにでも守られてんのか?
2006年のマカフィーだろうが。

こいつらには妥協は必要ありません。
言い分を聞くことは、ただただどこまでも図に乗らせるだけです。
中畑 |  2008.09.04(木) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

>いわれひこ達との最後らへんを思い出します。


        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)<  裁判、まだー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/
KM |  2008.09.05(金) 16:56 |  URL |  【コメント編集】

♪KM さんへ。

>一人一人が違うと思う事と、自分の異質を認めることは、矛盾しません。

私も、『意味が違う』とは書きましたが、『矛盾している』とは思っていません。
別の観点からの話と、そう思います。
だから、「一人一人が違うと思う」ということの根拠が、「そもそも自分が異質な存在なんだから」とKMさんが言われたように思いまして、それは別問題ではないのですか?と書いたつもりでした。

>物事ってのは単純に直線・平面上で表せるものじゃなく、
>立体的、更なる多次元的に表すものだと思う

私も、そう思います。


>真面目な話題を真面目に語るより、おバカな話題を真面目に語るのが大好きなのだ。

あ、それ、読んでいて楽しそう♪

ただ、
>次回から、「風が吹けば桶屋が儲かるらしいが、雨が降ればどこが儲かるんだ?」をテーマに、
このコメント欄は、各々の妄想が暴走する討論の場になります。

・・・・次のコメントではそうなってませんよね(笑)
やっぱ、流れは(それに乗ってもらわないと)作りにくい、ということかな。

・・・・というか、まずご自分のプログでやってみてください♪
と、思いました。

あ、でも、9月の足跡帳作っていませんので…・そこの話としていただきます(笑)

あと。
猫ちゃんの絵、かわいいですね♪
内容は笑えないのですが・・・・。
アカリ |  2008.09.05(金) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

♪中畑 さんへ。

>いわれひこ達との最後らへんを思い出します。

私は、「裁判」うんぬんではなくて、「対立そのものを産み出さないこと」ということにつながりを感じました。
各々の方々で状況は違うのでしょうが・・・・「罵倒・嘲笑・無視」で話そのものをうやむやにしようとしていて、相手の話そのものを取り上げてはいない感があります。

最近見た場所での会話。
「見たくない記事ならスルーしてほしい」というもの。
私は、その考え方も一つの考え方、と思ってはいましたが…・それは同時に、「他の人の意見を認めない」という姿勢でもあるわけです。
考え方の違い、ということではなく他人には考えがあるということ自体を認めないことにもつながるのではないか・・・・・最近、よくそう思うようになりました。

どうも、私はネットでの会話が気になるとこの本を読み返しているみたいなのです。

あと。

>こいつらには妥協は必要ありません。
>言い分を聞くことは、ただただどこまでも図に乗らせるだけです。

少なくとも、一歩は進んだ気がしました。
「一歩進んだだけで立ち止まってしまった」ということなのでしょうが。

~~~~~
SWさんとの会話について。
(もし話が続くようでしたら、別記事にしてもいいです。ただ、最近仕事が多忙になってきましたので、なかなかお返事できないかもしれませんが…・)

私は、
今年も歴史探求頑張って下さいね。

そうです、司馬さんは昭和という時代は実に、精神衛生上良くない時代であった。と語っています。
それだけにニヒリズムに陥らないような健全な思想をもっていないと、人間、歴史の直視はできません。
自分の思惟に気をつかう貴女に良質な人格を感じます。

今年が貴女にとって飛躍の年でありますよう祈っております。

2008/1/8(火) 午後 9:01 [ SW ]


の次の中畑さんのコメント、
歴史の探究っても反日の資料探し。
良質な人格っても、「自分の考えと違う意見は罵倒してから削除」程度のものですよ。
飛躍ってのは努力する人間に許される表現です。
宇宙人さんに良いことがあったらそれは「偶然」てやつですよ。

2008/1/8(火) 午後 9:13 [ redpurge200l ]


これはSWさんのコメントをもじって書いたコメントだと思っています。
相手を不快にさせる可能性はあると思います。
ただ、それで不快になったからだとしても、
↑貴方の様な存在を「悪」というのです。

自分のブログが其のことを証明しています。

2008/1/10(木) 午後 10:49 [ SW ]


もっともらしく「証明」と書かれてはいますが、意味をきちんと記載しないまま他人の行為ではなく存在を「悪」とした、それは行き過ぎであるとそう思います。

SWさんとは直接お話しさせて頂いたから思うことなのですが、ご自分の主張は正しく、受け入れられないというのは相手の責任である、という感じかなと、そう思いました。
(私の言葉足らずがあるとは思いますが)「こうだから」という理由部分を、相手に向かって説明しようとはせず、説明についていける方のみを会話の対象ととらえているかのような・・・・それも視野が狭いと思いますし、そのことは十分いろいろな方とのコメントではっきりしていると思います。

「対話」は何らかの条件付きで継続されるものではないと思うのです。
そこのあたりで、SWさんの言葉には違和感を感じてはいます。

ただ、だからといって
>こいつらには妥協は必要ありません。
>言い分を聞くことは、ただただどこまでも図に乗らせるだけです。

という結論には、私は行けないでいるのです。
アカリ |  2008.09.06(土) 00:42 |  URL |  【コメント編集】

♪だからといってと言われても

信じられないことに、「謝罪がない」とかいうとんでもない理由で、ちょっと上手く逃げた感じになってますよ(笑)

ブログを作れから、謝罪しろから、好き勝手な事を抜かしている間違ったリーダーSWの言うことを聞いていたら、最後のボイラー室で全員溺死ですよ。
中畑 |  2008.09.06(土) 01:55 |  URL |  【コメント編集】

♪私なら

相手に失礼なことをしたと思ったら謝って、その上で「あなたのこの言葉は不快だった」という話し方をすると思うのです。
自分の非を認めることが「妥協」であるとは思いません。
これは中畑さんだけに言っても意味がないですね。
SWさんの「存在が悪」の方が言葉としては酷いとは思いますから。

もしかたら、「自分に非はない」と思っているのかもしれません。
SWさんも、中畑さんも。
そして、「穏やかに解決」する気も、お互いにないのかも知れません。

それでも、話し続けることが「対話」につながるのか?
そのあたりは、どうにもよく分からないのです。

双方が「相手の主張を理解しよう」としなければ平行線、なのですが、どのようにして相手に振り向かせるか・・・・頑なに耳を塞ぐほうが楽には決まっていますから、難しいなと。
同様に、「相手が悪い」としてしまうのも、簡単です。自分が「理解させよう」としたか、そこもありますし。
その辺りで、私は結論が出せないでいます。

実際会話を続けていた中畑さんと、横で見ていた私との違いなのかもしれません。
アカリ |  2008.09.06(土) 02:23 |  URL |  【コメント編集】

猫ちゃん・・・ああ「モララー」のことですね。
モナーから派生したキャラはたくさんいるので、キャラクターは多く、モモラーなのかどうか分かりませんが。

確か「裁判をする」という約束が「中畑さん関連では関わらない」ことへの条件であったかと。
それを認めた僕としては、ちゃんと裁判してくれなきゃ契約不履行されたことになるので。
まあ、ネットで昔からある「通報しますた」レベルの言葉だとは思ってますので、正直どうでもいいんですが。
所詮、2ちゃんねるだろうがブログだろうが、たいして変わらないのですよ。

-----
>「一人一人が違うと思う」ということの根拠が、
>「そもそも自分が異質な存在なんだから」とKMさんが言われたように思いまして、
>それは別問題ではないのですか?と書いたつもりでした。

自分が他人と違うと認識しなければ、他人も別の他人(自分も含む)と違うと認識できないと思うんですが?(なんか子供の発達段階やらでそんなのがあったような・・・家庭科いやん)
ある事が方言やローカルルールということに気付かなければ、それは日本全国どこでも同じと思ってしまうように。
だから、自分は異質→他人も異質で当然→じゃ、他人が別の他人から見て異質で当然=人は一人一人違う、
で合ってると思います、根拠というか、個人が認識する順序では。

なんとなく僕とアカリさんの違いって、演繹法と帰納法の違いっぽい気がする・・・
KM |  2008.09.08(月) 02:33 |  URL |  【コメント編集】

♪本当だ!!

>確か「裁判をする」という約束

「約束」でしたっけ??
「裁判をする」という話ではあったように思いますが…・「契約不履行」・・・・とまでの「約束」だったかどうか。
私にはよく分からないのですが。

>自分が他人と違うと認識しなければ、他人も別の他人(自分も含む)と違うと認識できないと思うんですが?

あ。
発達心理学!!
そうですね、まず「自己が他者とは違う」・・・・乳児期の認識(母親の手や体と自分のものとの違いの認識)です、そうです。
ごめんなさい。
うっかりしてました。

(ただ・・・・家庭科でそこまでしましたっけ??大学の発達心理でやったような・・・・?)

確認させてください。
「母親と自分は違う」→「自分は自分であり、他の誰とも違う」→「人は一人一人違う」(=「じゃあ、他の人は他の人と違って当然」)・・・・かな。

どうも、私の感覚ですが。
「違う」=「異質」、とは思えなくて。
意味としては同じでしょうが、「異質」の方がより強い意味のような気がするのです…・。(それが、私の間違いなのでしょう、おそらく。)

>演繹法と帰納法の違いっぽい
「異質」についてだけ言えば、「言葉の意味の捉え方」の違い…・というか、私の間違いですね。すみません。
アカリ |  2008.09.11(木) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

しばらく来ないと、どこの記事でコメントしてたのか分からなくなる・・・
えーと、雨が降ると・・・(違)

正式に「約束です」ってことはしてませんが、
「Aであるから、Bする(しない)」
って宣言され、こっちがその「Bする(しない)」という要求をのんだ以上、
契約に値すると思っています。
ま、ネット上のことだから、口約束以下の契約なんでしょうが。

>「母親と自分は違う」→「自分は自分であり、他の誰とも違う」→「人は一人一人違う」(=「じゃあ、他の人は他の人と違って当然」)・・・・かな。
そんな感じです。
『乳児期の認識』とやらは単なるコミュニケーションの最初の一歩に過ぎないと思っています。
コミュニケーションの拡大し、家族→友人→地域→社会と広がっていくだけで、基本は変わらないかと。

僕が習ったのは、高校の家庭科だったと思います。(中学かも?)
大学の教養で心理学っぽいの取ったけど、学校教育で小学生メインでしたし。
ん~、あとは保健かな? 分からん。
ま、どこで習ったかなんて些細なことで、覚えてりゃOKなんで気にしないでおこう。

>「違う」=「異質」、とは思えなくて。
なるほど、そこらへんっぽいですね。
僕は文字通り『異質=性質が異なる』であって、
例えば、背が高い・低い、体重が重い・軽い、など身体的特徴やら、
性格・物の考え方・異性に対して興奮する場所・経済事情・家庭事情、その他諸々いろいろなことに対して、
そのコミュニティー内でごく少数派であれば、異質だと認識してます。

「人は一人一人違う」って言いますが、
同じところもあるんで、コミュニケーションってやつが取れるんですけどね。
違う場所だけが目立っているからお互い理解できないだけで、似たような場所を見つければお互い理解しやすくなるものだと。
そして「自分は異質だ」と積極的に言うことで、逆に「俺と同じだ!」って人と出会えたりする不思議な空間なのですよ、ネットって場所は。
KM |  2008.09.14(日) 12:01 |  URL |  【コメント編集】

♪雨が降ると、ネットをみる(笑)

>しばらく来ないと、どこの記事でコメントしてたのか分からなくなる・・・

う~~ん、FC2の弱点かもしれませんね・・・・コメント欄がさかのぼれない、というのは。
KMさんの「物忘れ」の可能性については触れないでおきます(笑)

>こっちがその「Bする(しない)」という要求をのんだ以上
当時のことがよく分からないので・・・・
ただ単に「裁判する」と相手が言っているだけのような気がしていたのですが?
また、KMさんは「当事者」でない以上、「要求をのむ」立場ではない気もしています。

>基本は変わらないかと

はい、そうです。
言葉足らずでした。
ありがとうございます・・・・

>覚えてりゃOK
そうですね(笑)

>そのコミュニティー内でごく少数派であれば、異質だと認識してます。
成程・・・・私が「違う」として使っているものと同じ、です。

そして。
「同じところもあれば、違うところもある」とは、私も思います。
同じところしか見えなくなったり、違うところしか見えなくなったりすることに違和感を感じています。
要は、バランス感覚だと。

>「自分は異質だ」と積極的に言うことで、逆に「俺と同じだ!」って人と出会えたりする不思議な空間なのですよ、ネットって場所は。

あ、ここは少し違う考えです。
「自分は異質だ」と積極的にいう、ということではなく、「自分はこうである」と積極的に言うことによって、同じところ・違うところを互いが見つけることができるのではないかと思っています。

意味としては以前KMさんがおっしゃっていた「裸になりなよ」なのですが・・・・「自分が自分であることを大切にしよう」という表現にしますね(笑)。

あと、そういった出会いってネットに限らない、現実でもあるとは思っています。
アカリ |  2008.09.14(日) 23:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。