2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.31 (Sun)

事情 4

一時期の、私のブログ非公開について。
ダイジェストとして、事情 2を書いて以降、なかなか言葉が出てこないのだけれど。
いつしか「言葉を発しないこと」に流されてしまいそうだから、今の間に記事にしておこう。
あの頃の感情を覚えているうちに。

私の決めた「最終話」まで、もう少し。


本記事「事情 4」では、stachyoseさんについて。

【More・・・】

拙ブログ非公開時、最初の扉の言葉

言葉の影響の範囲が分からない以上、騒いだ者としては責任を感じていますので、しばらく休眠します。
鍵は、「鏡の向こうで唄う者」の名です。
薄桃色の鍵持つ者が目覚めたら休眠を終わります。


ここに書いた「言葉の影響」「責任」は、主にstachyoseさんとの会話を意識していた。(「責任」という言葉については、別の人との会話も意識していた。)

行為を「読みとる」こと コメント欄で、まけおさんと中畑さんとの間で交わされた「約束」について、それが「歪んだ解決」であり、責任は私ことアカリにあるとstachyoseさんからご批判頂いた。

私はアカリさんの「やり方」では「歪んだ解決」に向かうといったのです。そして、実際にそうなっていると思います。(stachyose | 2008.05.21(水) 09:22)



その理由について。


私はアカリさんが善意から様々な提案を行っていると確信しており、また自分が協力を要請した相手だから、考え方を否定するのははっきりいっていい気分ではありません。それでも言うのは何故かといえば、広まってしまえば由々しき問題になると予想される間違いだと私が強く思っているからです。「論を比較して己の優位を誇示する」ためにやっているわけではないのです。

経緯や理由を踏まえずに行為のもたらした悪い結果を批判できるようでなければ、とんでもない世の中になってしまいます。同様のことを危惧している方が何名かいらっしゃるようなので、その方の意見も含めて、過去のコメントや記事を読み返して頂きたいと思います。
(stachyose | 2008.05.23(金) 16:03のコメントより)



結局私は悪い行為であることを指摘するのに経緯や理由を踏まえるべきだという考え方を流布することが害悪である、そして現在進行形の加害行為を止めない内に当事者に「向き合え」と提案するべきではないといっているだけ。(stachyose | 2008.05.23(金) 15:26 のコメントより)



ということだった。

私の意見としては、こちらのコメントに書いた。

○stachyose さんのご説明は「ごね得を許すことになる」「歪んだ解決に向かうことになる」(主にこの二つと私は理解しています。)いずれも、私にとっては理解できないのです。
「理解できない」というのは。
アカリのやり方は間違っている、stachyose さんのやり方が正しいとだけで、やり方・考え方が間違っているということを論拠とともに提示して頂いている、というよりは「stachyose さんの見方」の提示である気がしていました。
そしてそれは、現在に至るまで変わりません。

○私は「双方向かい合うべき」と、ずっと言ってます。
別にどちらが先、という部分には拘っていません。 (アカリ | 2008.05.24(土) 02:01より)



そして、同記事コメント欄で、stachyoseさんは撤退を宣言する(2008.05.27(火) 01:18)。
そして、その前に私も「収束」を考えていた。
まけおさんのところは、当時中畑さんとまけおさんとの間に「約束」が交わされていて、平和になっていたから、私も少し休もうと、それは思っていた。
具体的にどういう形をとるか、それはまだ考えていなかったから、
『此処の会話についての収束を考えています。
どのような形がいいかは、今考えが纏まらないでいますので、少しお時間ください。』と書いた。
状況は少し変わり、中畑さんはまけおさんへ「再開」したけれど、私は基本的には撤退するつもりだった。

私はアカリさんの「やり方」では「歪んだ解決」に向かうといったのです。そして、実際にそうなっていると思います。(stachyose | 2008.05.21(水) 09:22)


この言葉が気になっていたからだ。
(後から考えると、「どう歪んでいるか」というところから、会話をするべきだったかもしれないと思う。それは反省事項ではある。)
私がこの件に口を出す以上、私は私の納得している考えしか実行できない。
それが「歪んだ解決」に向かうという言葉の意味もよく理解できない。
ただ、本当に「歪む」のなら、それは避けるべきで…・出した結論が、「私が口をつぐむ」というものだった。
私がコメントを入れない、それだけではない。
私の書いた今までのエントリーを非表示にすることも、含めていた。

そして、その意思も言葉の引用記事内で

んと・・・・あんまりこの件には今は関わりませんよって自己主張、さららさんの忍者ブログのコメント欄でもしたつもりで・・・・前言撤回もする気には、なれないでいるんだけど。

として、表明したつもりだった。

だから。
女神属性~~反発してしまう事情 のコメント欄で、撤退した筈のstachyoseさんからコメントいただいた時、二つの意味で反発した。
・撤退したはずではないのか。
・私は撤退するつもりで表明もしたのに、「関わること」が前提とされているのか。
そして、一回は感情的になってコメントしたが・・・・思い直す。
私は積極的に関わろうとは思えないが、stachyoseさんには、初めて私のブログでコメントされたように
『本気で円満解決に向けて働きかけたい(目標は高い方がいい)と考えて』欲しいと思ったのだ

私はまけおさんの読者ではないが、stachyoseさんは読者でもあり、周囲の方々から信頼もされているようだ。
まけおさんだけではなく、stachyoseさんと考えの近い方もおられるし、そういう立場にいるstachyoseさんを私は高く評価していたのだ。

だから。
女神属性~~反発してしまう事情 コメント欄で、私は『どうしてstachyoseさんの論が、私のブログに来られていたコメンテーターの方々に受け入れられないか・中畑さんを説得できないか』についての私の見方を知らせようと、言葉を紡いでいた。
同時に、「私のブログに来られていたコメンテーターは中畑さんのやり方を容認している」という見方もあると知り、stachyoseさんは私のブログから距離をとったほうがいいとも思ったので、そのような流れを止めなかった。
(当然のことだが、私のブログに来られていたコメンテーターの意見は様々であり、「アカリブログのコメンテーターは中畑さんのやり方を容認している」と一義的には言えない。私も、彼らの意見は様々だと思う。)

また。stachyoseさんは、「影響力」というものを気にしていた。
では、中畑さん関連の諸問題についてあれこれ口を出していた私がブログを「非公開」にしたら、どのような「影響」が出るのか?という好奇心もあった。


~~~~~~
ブログを非公開にして、少し考えてみて。
私は、「お互い向かい合うべき(そしてその順番には拘らない)」という自分の意見が間違っているとは思えなかった。
だから、過去記事も非公開にせず、そのままにしている。

まけおさんの現状について。
大きく流転したな、と思う。
まけおさん自身が事情 3 のコメント欄に書いている。

この件ではもうなにも発信したくないです。 (まけお | 2008.08.19(火) 07:52)


(詳しくはさららさんの記事 ここまでの流れの補足  及びコメント欄 を見ていただければいいと思う。)
私は「提案」はしたから、その部分については責任があるかもしれない。
でも、「約束」をしたのはまけおさんと中畑さんなのだから、それが「歪んで」いるのなら二人に責任がある筈だと思う。また、状況は変わっている。二人とも「約束」を継続する意思がないのならそれについての私の「責任」は薄いと思う。
よって、言葉の責任をとって私が口を閉ざす必要はないと思う。
(なお、現在はまけおさんは中畑さんのコメントを削除しているようである。見たはずのコメントが消えていたから。)

中畑さん関連の諸問題に口をはさむ気は、今のところない。
積極的にそうする気はない。(そうしたいと思う状況ではない。)
だが・・・・今後状況が変われば、話し始めるかもしれない。
そこの部分は「未来は分からない」としか、書けない。

~~~~~~
この記事の最後に、stachyoseさんの状況についての補足。
stachyoseさんは、過去、まけおさんのブログで中畑さんについて、「天然記念物並み(絶滅してくれてもいいけど)」旨のコメントを残している。
(該当エントリーは非公開となっているため、リンクは貼れない。)
stachyoseさんと中畑さんとの接点は、私が探した範囲ではなかった。中畑さんに対する始めての話しかけが罵倒になるかも知れない、そう思った。
また。このコメントに対しての中畑さんの反応は、そこのコメント欄にはなかった。
(これが彼らの最初の接触かどうか正直自信はないけれど…・)
少なくとも、「絶滅」という言葉は「死」と同義だと思う。私は、このコメントには問題があると思う。
『負の感情の発露として放たれた言葉の影響を考えないのは問題ありだということです』という、miracleさんのブログ記事のコメントや、『行為が悪い結果を引き起こしていることを指摘するのに「発端」や「経緯」、また行為に及んだ「理由」などに言及する必要はない。』という、stachyoseさんのブログ記事でのstachyoseさんの主張に照らしても、「問題あり」な発言だと思う。

中畑さんの行為を批判するのなら、stachyoseさんも身を正すべきだと思う。
EDIT  |  05:11  |  ブログ雑感 1  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。