2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.03.26 (Thu)

宛名のない手紙 2.

あなたのブログを、久しぶりに見ると、なかった。
削除した、ということか。

まあ、忙しいだろうからね。

あの人の所で談笑しているあなたを見かけたので、心配はしていない。
あの人には、私はご迷惑をかけただろうから(だから今のようになっているのだろうから)、声をかける事はしなかったけれど。

あの時を、思い出す。
もう、遙か彼方に感じる・・・・渦の中心にいた頃を。
現実が、音を立てて変わっていったあの頃を。

【More・・・】

あなたにとっては、おそらくきっかけの一つに過ぎなかったのだろうと思う。
とてもしなやかに、とても軽く。
実際はどうか分からないけれど、私から見るとそんな感じだった。

あなたは、私を「兄(姐?)弟子」と呼んだ。
確かに、関わりだしたのは私が先で。
当時は、あなたは見ているだけだった。
でも、あなたはとても早い歩みで。
とても高く、飛んでいってしまったのだ。

護るもののために、身一つで飛び出せるあなたと。
護るものを抱えながらいく私との、差かも知れない。

あくまで亀のようにしか歩めない私は。
周囲の色を見ながらしか進めない私は。
自分の境遇に少し苛立ちながら、あなたを見ていたものだった。

今でも苛立ちがないかと言ったら、嘘になる。

でも、考えようによっては、私は恵まれている。

あなたは、元気でいるのだろうか。

私は、相変わらずだよ。
相変わらず、空を見上げて歩いているよ。
でも、幾つもの山の頂が見えるようになってきた分は、少しは成長したのかもしれない。


~~~~~
私は熱心な読者ではなかったから、ブログの事に気づくのが遅くなってしまって、ごめんなさい。
とても熱く語った場所が、あなたのブログでした。
おそらく、あなたの所だったから興味深い話を聞けたと思うし、話し続ける事が出来たと思っています。
あの時は、ありがとうございました。

遠い空の下、あなたの幸せをお祈りしています。
EDIT  |  00:49  |  ブログ雑感 1  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。