2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.04.18 (Sat)

出生率「極めて低い」 政府、少子化白書を閣議決定

出生率「極めて低い」 政府、少子化白書を閣議決定 より、全文引用。
 

政府は17日の閣議で、2009年版少子化社会白書を決定した。1人の女性が生涯に産む子ども数の推定値である合計特殊出生率は07年で1.34と2年連続で微増だったが「欧米諸国に比べて極めて低い水準で、決して楽観できない」と強調。さらに取り組みが必要な課題として「男性の育児休業取得率の向上」や「休日保育の推進」などを挙げた。(09:45)




少子化社会白書:育児・出産、希望と乖離 少子化、就職難で拍車も--09年版 より。

 白書は、05年に過去最低を記録した合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子供の数)が、07年は1・34まで回復したものの「なお楽観できない状況」と指摘。仕事と子育ての両立に向けた職場環境などへの「希望と現実の乖離」が晩婚化・晩産化を招いているとする一方、仮に希望が実現すれば合計特殊出生率は40年に1・75まで上昇するとした。


「希望」と「実現」との間には、いろいろあって。
其処を埋めなければいけないのだけど。
問題は、どうやって埋めるか。
個人の問題もある。
制度によって解決可能な問題もある。

少子化白書閣議決定 「世界でも最も少子高齢化」 より。

白書では、生産年齢人口(15-64歳)が、20年の8164万人から67年には4595万人に減少し、高齢化率は40・5%に達すると指摘。中長期的な経済成長の基盤確保に向け、若者や女性、高齢者が労働市場に参加できる仕組みの必要性を訴えた。

 17年度から実施している応援プランの達成度では、女性の育児休業取得率(89・7%)や夜間対応する児童相談所増加を「目標を達成している施策」として評価。「延長保育の推進」も「着実に進歩している」とした。ただ、「更なる取り組みが必要な施策」として、男性の育児休業取得率(1・56%)などが挙げられた。


実感としては、「進歩はしている」のかもしれない。
ただ・・・・私の住んでいるところの延長保育は、18時まで。(以前は、それすらなかった。)
17時まで仕事で、それから迎えに行こうとすると、18時だとぎりぎり。
私の今の仕事は、17時からやっと自分の仕事(や打ち合わせ)が可能だから・・・・それをする余裕がない、ということ。
最も、これには地域差もあるのだけど。
「欲しいサービス」が手にはいるようにして欲しい、というのはある。



EDIT  |  07:32  |  ちょい真面目<社会>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。