2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.04.18 (Sat)

同窓会

同窓会、か。
言い得て妙だな。

とある場所を見ながら思う。

どうしても、殺伐としがちな話題を、それでも穏やかに語ること。
できるはず。
それができないのは、私の技量なのかもしれない。
「主張の正しさ」の論議の中では致し方ない面もあると思う。
でも、主張のしあい、というのにはずっと違和感を感じていた。

「討論」は、苦手。
それも偏った見方だというのは承知、なんだけど・・・・「論破」とかって表現は、どうも、なじめない。

ただ、思うことを綴る。
他の人の、思うことを重ねる。
そうして複数の目で見たもの、思うことを重ねていって・・・・その先に透けて見える、現実がある。
そういうものを見てみたい。

その為に、私は、何ができるだろうか。

~~~~~

答えは、幾つかあって。
どれも、私が得た答え。

想いの節目に、今、立っている。

過去を振り返りながら。
今を見つめながら。
未来を、想う。
EDIT  |  09:22  |  独白  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

♪こんばんは、お邪魔します。

それできっといいのでは・・・。

ブログや掲示板での議論は、会話というよりもみんなで議事録を執筆しているような印象を受けます。
生の会話なら噛み合うはずのことが、いつまでもずれたままにになったりして大変な感じで。

テーマは政治だったり硬いものであったとしても、もすこし軽く緩くいい意味でアバウトに話し合えたらいいのですが・・・。

ともあれ、あまりご無理なさらないようになさってくださいね。

まさる |  2009.04.22(水) 19:04 |  URL |  【コメント編集】

♪こんばんは。

コメント、ありがとうございます。

ブログや掲示板での議論。
私は掲示板にはあまりなじみはないのですが・・・・
「会話」というよりは、「自己主張の繰り返し」というか・・・・「相手の論を崩すこと」に腐心しているかのようなイメージがぬぐい去れないのです。
特に各所のブログでの「右・左」とか、「9条護憲・改憲」の話を見ていると、そういった気がして。
且つ、そこで書かれている言葉が「罵倒・中傷」にしか見えないこともあって。
(別のところで読んだ表現を借りてきますが・・・・)それがもしも「虎の掟」だとしたら、理解できない私は「虎」ではないのだろうなと、妙に納得したりもしています。

まさるさんは、『論談』を覚えていますか?
私はあの場所で結構遊ばせて貰ったし、今学習して内容の補完作業をしていたりします。(なので、今はもう読めないことが寂しかったりします。管理人さんの言葉がブログで読めないのも、勿論残念なことではありますが・・・・)
最も、あの場所は管理人さんとコメンテーターの方々の話の妙によって成り立っていた感じはします。(私はあの場で一番の世間知らずだったと今でも思っているし、又思想的に甘ちゃんだな、とも思います・・・・(^^;)。)

私にとって一つの理想が、『論談』なのです。

でも、私には、未だ至れない。
その理由の一つが、「ゼロ」の状態に自分をもっていけないから、です。

「ゼロ」・・・・「ゼロの声」と、まさるさんがご紹介されていた本の。
「ゼロ」=仏教の「無」と、表現されていましたよね。
其処の感覚もあるのですが、どちらかというと。
私にとって「ゼロの声」とは、知識・技量とこころとのバランスのいい状態、なのです。これは、「声の出し方」という捉え方です。
(「技量」だけでも「こころ」だけでも、歌うことはできないので。)

「論」だけでは駄目で。
「こころ」だけでは駄目。
その両方が必要。

「知識」については、学習中です。
「経験」については・・・・努力中。
あと、「こころ」について、今、足掻いているところなのです。

そこの辺りが自分の中で纏まれば、書けそうな気もします。

暖かい言葉、ありがとうございます。
アカリ |  2009.04.23(木) 21:29 |  URL |  【コメント編集】

♪虎の掟

虎の掟ということば、はじめて聴きました。が、言わんとすることは分かるような気もします。
議員でもなく官僚でもなく知識人でもないのに、プロとして討論する「虎」に、なる必要ないんじゃないかな~。
意固地になって主張ばかりしたこと、僕もたくさんあったけれども、今になってよくよく思えば違う方法あったなあと反省してます。
その、論談あたりの時期ですが(;^_^A

論談、よく覚えています。忘れようがないです。
非常に素敵なものでしたね。
隅っこでじっと聴いているだけで学ぶものが多かったし、何より楽しかったです。
知的好奇心に満ち溢れていてスリリングで、でもほのぼのしていて。
みなさんすごいなあと、上の世界があるんだと思っていました。

僕も、ああいう雑談(スミマセン、あれも僕にとっては討論形式を用いた雑談という理解なのです)好きですし理想です。

「ゼロの声」
そか、技量とかこころとかいくつかの要素がちょうど水準に達して安定した状態ということですね。
そのうちの「こころ」
環境なのか、修養なのか、いろんな道、ありますよね。
あがいているということは、まだ答が見えてきてないのかな?
あまり悩みすぎないでくださいね。



まさる |  2009.04.25(土) 05:21 |  URL |  【コメント編集】

♪私は。

プロとして討論する「虎」は目指していないし、また目指せるとも思っていませんよ^^。(本文中に書きましたが、私にできるのは「ただ、思うことを綴る」事だと思っていますし。)

『論談』。
そうか、私は「あれが討論だ」と思いこんでしまった節があったのですが、それで別の場所を見ていておかしいと思ったのですが・・・・「雑談」だと捉えると、違和感の正体が掴めた気がします。
私は、真面目な話もそうでない話も含めて「雑談」がしたかった、のです。
・・・・最も、『論談』は凄い方ばかりでしたから・・・・私がいていいのか?とは、さんざん思いましたね。(でも楽しかったので居座っていましたが(^^;))

あの時が最初です、コメントのために図書館で学習したの。
(これからの学習の糧にしようと、国際連合ネタだけ自分のブログに持ってきました♪
●付箋:国際連合
http://planetnine.blog97.fc2.com/blog-entry-468.html
ああ、でも、私あの頃は「格差社会」について調べていたんですよね・・・・本は幾つか読みましたが、纏めていない・・・・また纏めてみます・・・・。)

足掻いている、ということ。
ごめんなさい、説明不足でしたね。
答えは、「ただ、思うことを綴る」というのは出ているのです。
今、自分の(FC2に引っ越してきてから最初に見た風景・・・・それに連なって始まった話に対しての)想いを整理しているところです。
その整理が、自分の中でつくまで、言葉を綴ってみようというのを「足掻く」と表現しました。
自分自身の想いを言葉にすること。
それを他者に理解可能なように説明すること。
どちらも、難しいです。

>あまり悩みすぎないでくださいね。

ありがとうございます(^^)
アカリ |  2009.04.28(火) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

♪中学のときに

家電がひとつしかもてないなら「冷蔵庫」を持つか「テレビ」を持つかって議論をしたことがあります。
お互いに、どっちも必要!と思いつつ、自分の役割(冷蔵庫だ!と主張する)を演じるんですよね。

議論は、自分が考えた事を「矛盾なく」「論理的に」いう必要があるんだと思います。、「自己主張の繰り返し」は必要ないですが、「相手の論を崩すこと」は、矛盾点の指摘という意味で必要なのかと思います。

論壇、ここでしたらいい議論できるんじゃないですか?
私は知識がないからあのときも見てるだけでしたが(^^;

私でよければいつでも参加しますよ^^
あき |  2009.04.29(水) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

♪私なら「冷蔵庫」(笑)

「テレビ」は子ども番組を見るときしかスイッチ入っていない気がします・・・・って、それも違いますね(苦笑)

「矛盾点の指摘」・・・・そう、なのかもしれません。
ただ、印象として「相手の論を崩すこと」は手段の一つであって、目的ではないのに、目的化しているようにも見えて・・・・・

そうだ。
私、『論談』は一つの理想、とは思っていますが、自分のブログでするのとは又違うと思っているのです。
『論談』は、あの管理人さんだから出来たものだと思っています。
私には、私のスタイルがあるのだし。

最近、過去記事を読み返すことがあって。
そこでの会話、私にとっては気持ちいいな、と思えるものが多かったのです。
徒然記事のコメント。
ちょっと真面目な記事のコメント。
どちらがどう、というのではなく、それぞれの良さがあると、自分では思っています。

今は、自分のスタイル自体を見直したくて。

でも、あきさん。

>私は知識がないからあのときも見てるだけでしたが(^^;

いえいえ^^
中心人物が何を仰いますやら(笑)

真面目な話。
あの場所ではじめてあきさんのコメントを読んだ気がするのですが、素敵なコメントをかかれる方だな・・・・と思って、読んでいました。
見方が鋭くて、でも言葉は分かりやすくて。
自分の場所にきちんと足がついている感じ。
(私は、知識の咀嚼が遅くて・・・・あと、経験があまりなかったもので。)

>私でよければいつでも参加しますよ^^

ありがとうございますm(__)m
『論談』ではないですが、コメント頂けると嬉しいです!
アカリ |  2009.05.01(金) 20:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。