2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.05.21 (Thu)

みとめの三原則

メルマガ繋がりで、もう一つ。

我以外皆師でとりあげた、超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法で紹介されていた(と思う)のだけど、
職場の人間関係がよくなるアドバイス/みとめる会
というのがある。

この「みとめの3原則」が素敵だと思ったので。
職場の人間関係がよくなるアドバイス/みとめる会のHP内の 「みとめの3原則」とは?より、全文引用。

この世の中すべての問題は「認める」ことをすれば すべてがうまく行きます。



しかし、そうはいっても認められない人もいます。

価値観や考え方がまったく違う人を 心の底から認めることなんてできません。



そんなときは、認めることをしなくてもいい。 「見とめる(=受けとめる)」だけでいい

「見とめる」をやり続けることで 「認める(=受け入れる)」ことが できるようになるからです

「認める」をやり続けると今度は 「皆豊める(=受け入れ合う)」という 最高の関係を築くことができます。



「見とめる」 → 「認める」 → 「皆豊める」 (受けとめる)(受け入れる)(受け入れ合う) これを「みとめの3原則」と呼びます!



「受け入れる」ということ。
するのが必要だと思ってはいたし、そうするようにしていたのだけど・・・・なかなか難しい。
特に、相手の言葉が自分のこころに刺さって痛いとき。
相手の言葉に耳を澄ませようとしても、傷の痛みがあって上手くできない。
そして、つい、耳を塞いでしまう。
言葉ではなく、その意味を読むことが困難になってしまう。

そんなとき、この文章を読んでほっとした。

先ずは、「見とめる」からで、いいんだ。

自分のできることから、するようにすればいいんだ。

千里の道も、一歩を踏み出さないと前に進めないように。
少しずつ、理想に向かっていこう。
EDIT  |  22:41  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。