2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.01 (Thu)

言葉:ポジティブ・ストローク

「ポジティブ・ストローク(受け取った人が、気分が良いと感じる存在認知)」 という言葉がある。

それでは、先ず「ストローク」について。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の「ストローク」を見ると、いろいろな意味があるが・・・・この場合は、

心理学用語で「他者に対する自分の表現」のこと。

について。




【More・・・】

ストロークとは? より、引用。

ストロークとは、英和辞典を開いてストローク(stroke)という言葉を引いてみますと、「打つこと、一突き、なでる、さする」と記されています。
どれも、接触という形で他人から得られる刺激を意味しており、「その人の存在や価値を認める・もしくは否定するための言動や働きかけ」が示されています。
私たちは誰でも、他の人々から親しみのこもった表情で挨拶されると、よい気分になります。
その上、褒められたり、感謝されたり、自分の性格や仕事ぶ りなどを高く評価されたりすると、とてもうれしく思います。
さらに、「あなたはなんと素晴らしい人なんでしょう!」などと自分の存在を高く評価されると、幸せな気持ちになるものです。



ストローク・コミュニケーション より。まとめ。

プラス(肯定・ポジティブ)ストローク:誰か(何か)を肯定して認めること
マイナス(否定・ネガティブ) ストローク: 誰か(何か)を否定して認めないこと


○無条件・条件付き
○表現方法
 ●言語(言葉の)
 ●非言語(態度の)
 ●身体的(ふれあいの)

コミュニケーション・スキル講座 第6回 よりポジティブな言い方を意識してみよう  より、引用。

●ストローク経済の法則
 ストロークには,まるで経済学のような,「貧しいものはさらに貧しく,富めるものはますます富を増す」という法則が当てはまります。これは,「出し惜しみをせずにプラスのストロークを他人に与えていけば,回り回って自分にもプラスのストロークが返ってくる」ということです。つまり,できるだけプラスの言い方をした方が,相手にとっても自分にとっても,より良い人間関係の構築につながるのです。



要は、

できるだけプラスの言い方をした方が,相手にとっても自分にとっても,より良い人間関係の構築につながるのです。

ということ。

人間には、ポジティブな感情だけでなくネガティブな感情もある。
だから、つい、マイナスの言い方をしてしまうこともあるのだけれど・・・・。

それでも、長期的に見れば、「プラスの言い方」の方が受け入れやすい。
(・・・・所謂、「みとめ言葉」かな。
「みとめ言葉」の詳細は、過去記事:みとめの三原則 に記載。)

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 心理 セルフエスティーム

EDIT  |  22:40  |  ちょい真面目<心理・思想>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。