2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.06.21 (Sun)

キャンドルナイト

今日(というか、もう昨日だね)は、「キャンドルナイト」らしい。

意味はというと・・・・

キャンドルナイト(Candle-Night)は、照明を消し、キャンドル(ろうそく)を灯して過ごそうという運動をいう。スローライフ運動の一つ。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 キャンドルナイト より引用)



飲み会に行く途中の車の中で、ぼーっとラジオを聞いていて。
「今日はキャンドルナイト」という言葉が聞こえた。
詳細はよく分からなかったけれど・・・・・

二次会のケーキ屋が、「キャンドルナイト」を実施していた。

店内が暗くて、メニューは読みにくかったけれど。

揺らめく灯りのなか、話は盛り上がった。


家に帰って、ネットを見てみる。

同じく、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 キャンドルナイト より。

「100万人のキャンドルナイト」(「1000000人のキャンドルナイト」という表記の場合もある)と銘打ち、2003年の夏至(同年6月22日)に第1回が行われ、以降夏至と冬至を中心とした期間の夜(日本時間20:00~22:00)に行われ、日本各地でさまざまなイベントが行われた。100万人のキャンドルナイト実行委員がホームページなどで呼びかけをし、各地のイベントは様々な運営主体で自発的に行なわれている。



そういえば、以前もネットの何処かで読んだことはある。

でも、実際にしているのを見るのは、初めて。
店の雰囲気つくりとして、幻想的でいいなと思った。

100万人のキャンドルナイト candle-night.orgのHPに、素敵な言葉があったので引用。
キャンドルナイトは「からっぽの時間」のようなもの (2009.06.20 Sat)

「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、
大声をあげて反対を叫ぶ運動ではありません。
みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが
目的でもないのです。
(中略)
1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。
この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。
(中略)
そんなゆるやかな繋がりがつくる時間を
私たちは「からっぽの時間」と呼んでいます。



無理はしない。
「我慢する」というのではなく、考え方を変えて、素敵なろうそくの光の中で、ゆるやかな時を過ごす。

お店で見た炎の揺らめき。
お会いした方々の、充実した笑顔。
明日も頑張ろうという、活力。
そんな、素敵な時間の演出。

いいね。
素敵だね。

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

EDIT  |  00:35  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。