2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.21 (Wed)

イスラム聖法の厳格な適用??

KOHさんので、読んだ記事。
ソマリアのイスラム組織、ブラジャー着用女性をむち打ち より、引用。

[モガディシオ 16日 ロイター] ソマリアのイスラム系過激派組織「アルシャバブ」が、ブラジャーを着用していた女性を公開でむち打ちした。イスラムの教えに反するというのが理由だという。地元住民が16日語った。
 イスラム聖法の厳格な適用を求めるアルシャバブは、映画観賞や結婚式でのダンス、サッカーも禁止しており、今月に入ってからは、強盗を働いたとして若い男性2人の手と足を切断していた。

 地元住民の話によると、銃を持った男たちがブラジャーを着用していたと思われる女性たちを集め、公開でむち打ちした。その後、女性たちはブラジャーを外して胸を揺らすよう命じられたという。

 また、身内がブラジャーを外すよう命じられたことに抗議した男性が、刑務所に入れられたという情報もある。

 アルシャバブ関係者はこの件について、コメントを差し控えている。



初見は、「なんだこれ」だった。

どう、イスラムの教えに反するのか、さっぱり分かんない。

【More・・・】

で、ネット検索。
徒然と見ていた記事の中に、以下のようなものを発見。
人工処女膜「イスラム法に基づけば販売業者を死刑に処すべき」 より、一部引用。

なお、西田女史(引用者注:本文中では『ハラルニートイスラム方面顧問』と記されている)に聞いてみたところ、コーランにおいて女性ムスリムが遵守すべき箇所は以下が該当するようです。

『おお、預言者よ、もし女の信者が汝のところに来て、神にどんなものも併置せず、盗まず、姦淫せず、おのが子らを殺さず、手と足のあいだで捏造した嘘をつかず、正しいことで汝にそむかないと誓えば、汝もこの誓約を容れ、彼女たちのために神にお赦しを乞うがよい。まことに神はよく赦したもうたお方、慈愛あつきお方である。』(中公クラシック『コーラン』60章より引用)




お風呂に入って、ふと気がつく。

・・・・つまり、今回の「ブラジャーするな」は、「嘘つくな」つまり、「パッド使うな」「寄せて上げるな」とか、「支えるな」「押しつぶすな」ということ??

もしも、「自分の胸で勝負しろ」だとすると、貧乳救済とも言えるじゃん(笑)

「揺らす」意味は分からないけど。
(何か、「揺らす」ことって胸の大きさアピールしろっていう意味にしか思えないでいる・・・・それは違う気がする・・・・)

・・・・でも、それって、「綺麗になりたい」「綺麗に見せたい」というのも駄目ってこと??

なんか複雑。

ま、「過激派」ということだから、真面目に考えるだけ無理があるということなのかも知れないけれど。

テーマ : 美しいボディラインをゲット! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

EDIT  |  00:01  |  徒然  |  TB(0)  |  CM(17)  |  Top↑

Comment

♪過激だから過激派。

なんか、「嘘つくな」というよりも、「西洋かぶれすんな」って感じがします。

であるからして、サラシ巻くのはOKなのかも??

胸を揺らしてみさせたのは、ちゃんとブラジャーを外したかどうかの確認?

ネット検索してみたけど、ソースはロイターの「地元住民の話」のみのようですから、イスラム過激派に対する印象操作とも考えられる。

まあ、ネタが良いから騒ぎになっているのかもね。
angrer_j |  2009.10.23(金) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

♪そしてネタになる(笑)

・・・・あれ、angrer_jさん、こっちのコメント欄でいいのですか?
愛するKOHさんも、同じロイターの記事で記事一つ書いていましたよ♪

茶々はいいか(笑)

「西洋かぶれ」ですか・・・・
確かに、「外国のものは駄目だ」という主張があってもおかしくないのですが、それが「イスラム聖法の厳格な適用」とどう結びつくか、分からないのです。

で、さらし。
今度は「日本かぶれ」と言われそうな気が・・・・そう有名ではないから大丈夫か(笑)
でも、胸の保護という意味でいけば、きちんとした(サイズのあった)ブラジャーって必要ですよ!
揺らして生活しろ、というのは身体の老齢化が進む(笑)
(・・・・何、力説してるんだろ私・・・・。)

>ちゃんとブラジャーを外したかどうかの確認?

理屈としては、そうだと思います。
でも、そんなの、背後からでも触れば分かると思うし、見たら分かることもあるし・・・・何だったら自分がはずせ。
(↑あ、「自分(=銃を持った男たち)がはずせ」というのは教義上無理か・・・・でも、女性の活動家がいれば解決じゃん。)

(・・・・ああ、私、又暴走してる(苦笑))

>イスラム過激派に対する印象操作

私も、KOHさんの所で見て、気になったので検索したんです。
でも、他のものは見つからなくて、おかしいなと思いながら記事にしたのですが・・・・「印象操作」という発想はなかったです。
ありがとうございます。

(ごめん、何か変な雑音はあるけど、気にしないで下さいね♪
私を「変態」にと(結果的に)けしかけたのはangrer_jさんですので(笑) )
アカリ |  2009.10.24(土) 01:03 |  URL |  【コメント編集】

♪印象

えっと。
自分で書いて言うのもなんですが、「印象操作」というのは言い過ぎかもです。

新聞の片隅にあった20行程度の記事が、明らかなソース提示もないのに、「ブラジャー」「ムチ打ち刑」「胸揺らし」などのキャッチーな言葉を散りばめることによって、多くの過剰反応を呼んだ。

操作するつもりまでなかったのだが、「ヘンタイ」に対する風当たりが思いのほか強かった。

ってところでしょうか。

>見たら分かることもあるし

これっておそらく無理だと思います。
体のラインがでるような服は着用していないだろうから。
----------
しかしこれらのイスラムに対す私達の印象ってきっと滅茶苦茶なんだろうな。

先日、「ヒーローズ」というアメリカのTVドラマを見たら、「日本」に関する描写がかなりいい加減でした。

関係ないけど、アメリカの日本に対する印象がこの程度なのですから、イスラムなんて雲の上のそのまた上の存在なのかも知れません。
angrer_j |  2009.10.25(日) 14:01 |  URL |  【コメント編集】

♪修正。

あっと、「ヘンタイ」という言葉に関しては、語弊があるので修正します。

ここでいう「ヘンタイ」とは「理解し難いもの」という解釈でお願いします。
「イスラム」=「ヘンタイ」という気は毛頭ありません。

厳格な戒律は人間の欲望を律することに徹するのなら、理想的な仕組みだと思います。
快楽や居心地を重視すれば理想的ではなくなるでしょうけど、所詮は人の倫理に疑いがあるから戒律で縛らなければならなくなるわけであり、それを闇雲に否定するのもおかしな話であります。

こうして女性が管理しているブログにコメントするのも下心ありとみなされる可能性があり、その意味で厳格な戒律の元で考えるのなら、このコメント自体が禁止されてしかるべきである。

う~~ん。

「北の国から」というドラマの中で、田中邦衛が息子に対して、「そりゃおまえ、姦通罪だぞ」というシーンがありましたが、時代が変われば人や法も変わる。

安易にイスラム過激派を批判できない我々でもあるわけですね。
angrer_j |  2009.10.26(月) 17:25 |  URL |  【コメント編集】

♪意識的か無意識か

あ、私も追記します。

私は「印象操作」というのを、「意識的に操作している場合」だけのものであると思っていないのです。
・・・・というか、ネットを拝見していると、何かにつけ「マスメディアは印象操作している」という論調の記事をよく見ています。
でも、「意図的にしているか」といわれると、必ずしもそうではないということは多々あって。
だから、「無意識のもの」(でも結果的には「印象操作」をしている)というものもあることを踏まえた上で、「印象操作という発想はなかった」と書きました。

「自分とかけ離れている思想」「胸、ブラジャー等のエロ」の両方があるため、扇情的な記事にしやすいというのはあると思います。
あ、「自分とかけ離れている思想」というよりは、「未知の領域」かもしれませんね・・・・。
一見分からないことであっても、相手からしたらきちんとした理由がある(だろう)から、安易に批判できない、ということかと思います。

>厳格な戒律は人間の欲望を律することに徹するのなら、理想的な仕組みだと思います。

それだけに収まらないから、「厳格な戒律」というのが時として枷にはなるのでしょう。


~~~~~
茶々。

>こうして女性が管理しているブログにコメントするのも下心ありとみなされる

angrer_jさんについて言えば、それはないだろうということで(笑)

・・・・というか。
「厳格な戒律」に照らすと。
そもそも、女性が男性の目に触れるところでブログを書く、ということ自体が禁止事項だと思います。
(女性は専用のコミュニティにしかいることができない、という意味。)
なので、「コメントの禁止」となる前段階で、「女性の側に」節度、というか、「男性社会に入るな」という圧力が来る気がします。
アカリ |  2009.10.26(月) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

♪知り合いの

ムスリムに聞いたんですけど、そんなのナイナイって言ってましたよ。
どこの世界でも目立つのは利口か馬鹿だから、今回は馬鹿が目立ったのでは?
だそうです。

実際のムスリムを縛る戒律は今時それほど厳格ではなく、ラマダーンの時でもまぁまぁ昼間にご飯を食べたりもしているそうです。
中畑 |  2009.10.27(火) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

食事に戒律に引っかかる肉を出されても、
「与えられた物は感謝していただくのが戒律だ。」
みたいなこと言って食べちゃう、日本に来てる・住んでるイスラムの人やインド人も、多いみたいなので。
多くの人は、戒律もTPOに合わせてるんでしょう。
まあ、確かに過剰なほどに厳格な地域や人達もいるんでしょうけど。

まあ、何が良いたいかというと、
日本のカレーは最強である、と。
ビーフカレー(レトルト)を食べるインドの人を見て思った、そんな日のこと。
KM |  2009.10.27(火) 18:53 |  URL |  【コメント編集】

♪うーん。

友人のムスリムは何でも食べるし国際色豊かな数々の女性遍歴をもってます。
しかし本国に帰れば、公園で女性と話も出来ないとか。

要するに信仰の度合いが、場所によって人によって随分違うということらしいのは本当の話です。

同じ在日のヒンドゥーの場合は、マックでパテ抜きチーズバーガーを頼むしフライドポテトは食べられないとか言うし。

日本にいながら、自分を律することが出来るのは脱帽です。
angrer_j |  2009.10.28(水) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

♪中畑さんへ。

「そんなのない」ですか・・・・お聞きした内容、教えてくださってありがとうございます。
「そんなのない」という言葉に、ほっとしてみたり、しています。

>実際のムスリムを縛る戒律は今時それほど厳格ではなく

「ラマダーン」というものを知らなかったので、検索してみました。
「いろいろな戒律があるのだな」とそちらの方で感動しているという、本筋からは離れた感想を抱きました。
でも、「戒律」というものも、その実施は時場所で変化していくもの、なのかもしれませんね。
アカリ |  2009.11.01(日) 18:53 |  URL |  【コメント編集】

♪KM さんへ。

>多くの人は、戒律もTPOに合わせてるんでしょう。
>まあ、確かに過剰なほどに厳格な地域や人達もいるんでしょうけど。

そうなのだろうと、思います。
「郷に入っては郷に従え」という言葉もありますが、時として周囲に合わせることが「社会」に取って必要になると思いますし、人間は社会的動物である以上、それもまた自然なこととして、神もお許しになるのではないかな・・・・
と、おおらかな仏教徒(無宗教、かもしれない)の私などは思ってしまいます。

>日本のカレーは最強である

其処にもってきましたか(笑)

平仮名は最強なのですよ(^m^)
アカリ |  2009.11.01(日) 19:07 |  URL |  【コメント編集】

♪angrer_j さんへ。

>要するに信仰の度合いが、場所によって人によって随分違う

そのようですね・・・・。
分かりやすい具体例、ありがとうございます。

(というか・・・・中畑さんもKMさんもangrer_j さんも、交友範囲広い・・・・いいなあ・・・・。)

>日本にいながら、自分を律することが出来るのは脱帽です。

同意します。
アカリ |  2009.11.01(日) 20:46 |  URL |  【コメント編集】

そういや仏教って、酒を飲んじゃダメだったよなぁ・・・

僕の場合は、大学時代の時の留学生との付き合いです。
イスラムの人ってのも東南アジアの人なので、中東の方より更に大らかなんでしょう。
女性とはあまり親しくなかったので分からないですが、
僕の見た感じでは、外での服装だけはちゃんとしてましたね。
KM |  2009.11.02(月) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

♪残念ながら二人とも男性。

私の場合、ムスリムは良く働く健康なイラン人で、ヒンドゥーは怪しいインドの宝石屋ですww

彼の家に行くと必ず出てくる、甘くないバナナチップスとチャイの組み合わせは、ヒンドゥーでなくとも癒されます。
angrer_j |  2009.11.02(月) 20:50 |  URL |  【コメント編集】

♪も、無宗教でもいいかな…・。

KMさんへ。

>そういや仏教って、酒を飲んじゃダメだったよなぁ・・・

え!?
そうだったのですか!?
・・・・お酒が飲めなくなるのはいやあ・・・・量は飲めないけど。

>大学時代の時の留学生

留学生自体は私のところにも居たのですが、学部が違うと、どうにも交流がなくて…・同じサークルにでも入っていれば、また違ったのでしょうが。

>僕の見た感じでは、外での服装だけはちゃんとしてましたね。

何だ、その「だけ」って・・・・
これが、「臨機応変」なのでしょうね。
アカリ |  2009.11.03(火) 21:54 |  URL |  【コメント編集】

♪「残念ながら」??

angrer_j さんへ。

>残念ながら二人とも男性。

女性とのロマンス期待!?
・・・・というか、男性の方が大らかなのかも。
…・そうでもないのかも、知れませんが。

>ヒンドゥーは怪しいインドの宝石屋ですww

怪しいって・・・・(笑)

>甘くないバナナチップスとチャイ

あ・・・・いいですねえ・・・・今度、連れて行ってください。
アカリ |  2009.11.03(火) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

♪日本だけかもしれませんが

仏教とお酒は「般若湯」として深い関係を保っていますよ。
堂々と飲まないところが実に灰色で宗教「運営」の機微を感じます(笑)
中畑 |  2009.11.04(水) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

♪本物の悟り

中畑さんへ。

「般若湯」・・・・いい言葉ですね^^
http://obousan.hp.infoseek.co.jp/hannyatou.html
読んでいて、笑いました。
『酒を呑まずに悟った悟りなど、
酒を呑んだら消えてしまう悟りじゃないか!!』の所で。

そう、きっと、『本物の強固な悟りとは、煩悩にまみれたところ』から見いだされるものなのですよ・・・・
だから、煩悩万歳(^m^)

うさぎの「一羽」とかも、「ウサギは獣ではなく鳥だ」とみなし食肉として供していたとする説があるらしいので。
人は、戒律を作り欲望はその隙間に生かそうとするのかも知れませんね(笑)

安心してお酒を呑んできます(笑)

・・・・とはいえ、我が家に「日本酒(料理用以外の)」があるのは珍しいことなのですが(^^;)
アカリ |  2009.11.05(木) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。