2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.11.07 (Sat)

教えることの本質

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語を読んでいて。

『私は教師』という一編の詩が気にかかったので、紹介。

【More・・・】

『私は教師』         ジョン・W・シュラター


私は教師。
私は子どもが「なぜ?」という言葉を初めて口にしたときに生まれる。

私はいろいろな場所でさまざまな人間として、教える仕事を続けている。
あるときはソクラテスとなって、アテネの若者に質問を投げかけ、新たな思想に目覚めさせ、
あるときはアン・サリバンとなって、ヘレン・ケラーの手の中に指で宇宙の神秘を伝え、
またあるときはイソップやアンデルセンとなって、数々の寓話を通し人々に真理を説きあかす。

釈迦、孔子、モーゼ、キリストのように、教えを説き師と仰がれた人々の名は、人類の殿堂に永遠に輝く。

私の顔や名前はいつかは忘れ去られても、私の教えや人格は教え子の中に生き続ける。

私は教え子の結婚に喜びの涙を流し、彼らの子どもの誕生に歓声をあげ、また、若くして世を去った教え子の墓の前で悲しみに頭をたれる。

私は一日の内に、役者、医者、看護婦、心理学者、コーチ、親代わり、友だちとあらゆる役を演ずる。

私は文法や、公式や、地図や、図表について教えても、実のところ何も教えていない。生徒たちは、自分がこの世に生まれた意味を、その一生をかけて自分で学びとっていくのだから。

私はパラドックス。私は黙って耳を傾けるとき、もっとも饒舌に語り、生徒から進んで学びとろうとするとき、最も多くを授ける。

私が絶えず追い求めてきたのは、富でも栄誉でもなく、生徒たちがその能力を発揮できる場であり、自信を喪失した生徒たちが眠らせている才能である。

私ほど恵まれた職に就いているものはいない。
医者は生命がこの世に誕生する神秘的な瞬間に立ち会うが、
私は生命が日々、新たな疑問や考えを抱き、新しい人間関係の中で生まれ変わるのに立ち会う。
建築家は入念に作り上げた建造物は何世紀にもわたって残ることを知っているが、
私は愛と真実を注いだ教えは永遠に残ることを知っている。

私は戦士。競争、否定、恐怖、偏見、無知、無関心を敵にまわして戦う毎日。
私の味方は愛、笑い、知性、好奇心、個性、信念、父母からの支援。

私がかくも素晴らしい人生を送ることができるのは、あなた方両親のおかげだ。未来への最大の貢献とも言うべき子どもたちを、私に託してくれたことに感謝したい。

私の過去は思い出でいっぱい。私の現在は挑戦、冒険、愉快なことでいっぱい。なぜなら、わたしは、子どもという未来と共にあるから。

私は教師。この神の計らいに日々感謝する。




私はパラドックス。私は黙って耳を傾けるとき、もっとも饒舌に語り、生徒から進んで学びとろうとするとき、最も多くを授ける。
此処の言葉は、まだよく掴めていない。

「子どもから学ぶことは多い」という意味だとも思っているし、それは子育てしていて思う。
子どもが、私を育ててくれているのだと。

私が絶えず追い求めてきたのは、富でも栄誉でもなく、生徒たちがその能力を発揮できる場であり、自信を喪失した生徒たちが眠らせている才能である。

これは、ガリレオ・ガリレイ(イタリアの天文学者・物理学者)の、
『人にものを教えることはできない。
できることは、相手の中にすでにある力を
見出すこと、その手助けである。』
と同じような事だと思っている。


私の過去は思い出でいっぱい。私の現在は挑戦、冒険、愉快なことでいっぱい。なぜなら、わたしは、子どもという未来と共にあるから。
これは、確かにそう思う。
子どもは未来を生きるもの。
その為に、私は、何ができるだろうか・・・・日々研鑽あるのみ。
EDIT  |  07:54  |  ちょい真面目<教育>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。