2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.01.06 (Wed)

おせち

毎年のものだし、時期をはずした気はしないでもないのだけど。
(もう実物は食べてしまったし。)

とりあえず書いてみる。

全体像。
20100103165826.jpg

【More・・・】

一つ目。
20100103165842.jpg

これは、全部市販のもの。
例年、黒豆は自分で煮るのだけど、今年は材料購入し忘れたのと、少ししんどくなったので省略。
(市販のは甘すぎて量食べたいときには不向きなのだけど、少しつまむにはいい。今回は、そんな気持ち。)


20100103165851.jpg

作ったのは、かぶの酢漬け(白い方)と、ロールチキン。
巻けていない気がするのは、家庭用ということで(苦笑)
かぶの酢漬けは、毎年は作っていない。時々、といった感じ。
旦那が「おせちには緋のかぶら漬け」というので、緋のかぶら漬けを毎年買っているから、そう作る気にはならなかったのだけど・・・・今年は、畑から抜いたばかりのかぶを頂いたので「白い酢漬け」を作ってみた。

緋のかぶら漬け。
結婚するまで、見たことなくて。

緋のかぶは、表皮から2~3ミリは暗紫色で中味はまっ白なかぶだが、だいだい酢につけると反応してしんまで鮮明な緋色に染まります。(緋のかぶら漬け 愛媛の郷土料理 iタウンページ より、引用)

ということらしいけど、本当、凄く鮮やかな色。



三つ目。
20100103165834.jpg
この重は、昆布巻き以外は全部作った。(毎年のことだ。)
お煮染め、干し椎茸の煮物、こんにゃくの煮物。
金平ごぼう。
栗きんとん。

お煮染めと、人参の飾り切り、干し椎茸、こんにゃくは、今年は別々に煮た。
(でも、一緒に煮る年もある。)
干し椎茸の戻し汁で、お雑煮も作っては見たけれど・・・・私は鰹だしの方が良かった。

栗きんとんは、今年は子どもがお手伝いしてくれた。
私が子どもの頃、栗きんとんは子どもの係りだったから・・・・私の子どももそうするのかなと、何だかほのぼのする。

栗きんとんの好きな子どもに、「栗きんとんがいっぱい欲しい」といわれた。
よくよく話を聞いてみると、「お重に栗きんとんだけ」というのが欲しかったらしい。
・・・・来年考慮してあげるから(笑)

私が作ったものは、入りきらないので別にタッパーに入れていた。
で、三が日に詰め替えながら食べていて・・・・
意外だったのは、市販の栗きんとんが一番最後まで残っていたこと。
(お煮染めとか干し椎茸は、残るだろうと思っていて、副菜として器に盛るようにしていたので、実は市販の栗きんとんより早く。)

テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

EDIT  |  22:11  |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。