2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.02.28 (Sun)

「心を育てる」気になる言葉集

成功の黄金律 【 プラスアルファの前進をする 】 のメルマガの中で、再近気になった言葉を集めてみた。

(別名「メール整理」ともいう(笑))



【2月28日追記。
 作成完了したので、完了日時にてアップします。

 (途中で、【プラスアルファの前進をする】から【 あなたの心を育てる 】にメルマガの題が替わりました。
 毎朝届くメルマガですが、1月~2月に届いたメルマガの中の、気になった言葉のみ掲載しています。)】

【More・・・】

~~~~~~~

NO.245
『プラスアルファの前進の習慣が身についている人だけが、
  虹[訳注1]のふもとにたどり着くことができるのです。』
[訳注1]
 虹(rainbow): ここでは“ 夢 ” や “ 幻の目標 ” といったような意味。



何度も試行錯誤を繰り返した末に、自分の望むレベルの成功を実現できる ―― それが人生の厳然たる真実であると、メルマガでは言っている。

追加説明。
 

見返りに対する期待だけをバネにして、自分に求められている以上のことを行おうとする浅はかな意気込みは、あなたを長い間支えてはくれません。大きな成功は、「結果には関係なく、正しいことをしよう」という誓いからもたらされるのです。そしてその誓いが、最終的にあなたを虹のふもとにある金のつぼ [訳注2]に導いてくれるのです。
[訳注2]
 欧米では“ 虹の端に宝物がある ”という迷信がある。
“ 虹の端にある金のつぼに到達する ”とは、“ 夢が叶う ”ことを意味する。



自分に求められている以上のこと。
それを行おうとする時の原動力は、いろいろあるだろう。
結果を求める気持ち、見返りを求める気持ちも理解できる。
「結果には関係なく正しいことをしよう」というものを長期的な原動力には、しにくい。

「正しいこと」ならばと、つい結果を求めてしまう。
自分は、未だこの境地にはなれない。
悔しいことに。
だから、気になる言葉。


~~~~~

NO.247
『すべての人から好かれることは無理だとしても、
  あなたを嫌っている人の心の中から、その理由を消去することは可能です。』



これは、未だに腑に落ちていない部分はある。
「嫌われる」理由にも色々あるからだ。
嫌われる理由について知ることは必要だと思う。
そして、確かに自分に因があれば、変えようとすることは必要だと思う。
・・・・自分を変えることは、とても難しいのだけれど。
ただ、明らかに相手に因があることがある。
その場合は「相手の心」の問題なのだから、「あなたを嫌っている人の心の中から、その理由を消去することは可能」とはいえないのではないか、と思っている。

追加説明。

あなたが人格者である、つまり正直で率直で善悪をわきまえた人だ、という評判を裏切ることがなければ、他の人たちとの結びつきを強くすることができます。そして、そのように行動し続ければ、あなたと価値観が異なる人からは必要とされないかもしれませんが、皆、あなたを尊敬するようになるでしょう。

しかし最終的にあなたにとっては、単なる人気などよりも、“ 自尊心 ”がはるかに重要なものになるはずです。


「自尊心がはるかに重要」というのは、よく理解できる。
負の感情や、相手への迎合にフォーカスして、自分をすり減らすことはない。
・・・・最も、まだまだ振り回されている部分はあるのだけど。


~~~~~

NO.248
『最も重要な仕事とは、人と衝突することなく交渉する方法を学ぶことです。』



追加説明。

交渉において最善の結果が出るのは、参加者それぞれが相手の立場に立って考え、お互いの利益につながるような合意に到った時です。



至言だと思う。
衝突は何も生み出さない。
何をなすべきか?何の為になすべきか?という事がぶれずにいたいと思う。


~~~~~

NO.249
『優れた素質を備えている雄牛の目の前で赤いマントを振っても、その素質を引き出すことはできません。』



追加説明。

相手の反応をまったく気にしないのであれば、他人を刺激することは簡単です。他人から積極的な反応を得たければ、話の中で具体例を示しながら、穏やかに説得すればよいのです。相手を挑発してもうまくゆきません。



NO.248の、『最も重要な仕事とは、人と衝突することなく交渉する方法を学ぶことです。』関連として残してみた。


~~~~~

NO.250
『あなたから親切にされた人は、いつかその恩義に応えようと思っているものです。』


追加説明。

人間の基本的な特徴は、自分が扱われたのと同じように、相手に応えようとすることです。
(中略)
あなたが差しのべる親切や好意は、スケールの大きなものであるとか高価なものである必要はありません。
(中略)
明るく熱心に、見返りなど期待せずに誰かを助ければ、代償の法則によって、その相手はあなたに借りができたと思うのです。



誰かを助けること。
見返りを期待しないこと。
・・・・この境地に立つことは、簡単で、とても難しい・・・・。

「親切にしたい」と思う。
でも、「助けたい」という想いは、時として相手の心の成長を阻害する。
「助けたい」という想いが相手に届かないこともある。
「助けよう」として行った行動が、相手にとって不快であることも、十分にあり得る。

見返り?
そのようなものは期待していない。
でも、「助けたい」という想いが届かないときは痛い。

自分の受けた親切は、覚えている。
忘れたくはないし、相手に直接返すことは無理としても、何かの形で返したいと思う。

好意の手をさしのべること。


~~~~~

NO.252
『プラスアルファの前進をしましょう。そうすれば、チャンスは後からついてきます。』


追加説明。

プラスアルファの前進、つまり自分に求められている以上のことを行う努力を惜しまなければ、“ 洞察力 ”と“ 良い評判 ”を手に入れることができます。この二つは、チャンスをひきつける大きな力を持っています。



努力はできる。
何が「前進」か?ということ。
その方向を間違わないようにしたい。


~~~~~

NO.254
『最も豊かな人とは、人のために役立つよう自ら最大限の努力をしている人です。』



追加説明。

金銭的な豊かさは、成功の基準の一つにすぎません。真に幸福な成功者とは、健康で、安定した経済力があり、やりがいのある仕事を持ち、人の役に立つことを行っている人です。

人のために役立つことを行うのは、簡単なことではありません。この世の中は冷笑と危険のはびこる場所で、世間の人は、まずあなたの動機を信じようとしないでしょう。そのような人たちを納得させるには、いつも人のために役立つよう、熱心に努力し続けるしかないのです。




「自分の為」の努力では、自ずと限界がある。


~~~~~

NO.255
『幸福へ通じる唯一の道は、人の役に立つ行いをすることです。』



追加説明。

人の役に立つ行いをしながら、成功を目指し努力している時には、自分自身の利益も増えてゆくのです。また、あなたが人生においてどのような道を選んだにせよ、人の役に立つ行いをすることにより、必ず成功と幸福へ到達できるのです



自分も幸福になるし、周囲も幸福になる、ということ。
目指したい道。


~~~~~

NO.257
『誠実に仕事をすることに対して、アレルギー反応を示す人もいるようですが、
そのような人に対しては、チャンスもアレルギー反応を起こします。』



追加説明。

最大のチャンスは、勤勉であることを好む人のもとに訪れます。勤勉であることに対して、アレルギーを起こす人のもとへは訪れません。



誠実が一番。
勤勉が一番
それを実感している。
・・・・本当に。
ありがとう。


~~~~~

NO.261
『“ 与える ”ことを始めれば、
  そのうち“ 受け取る ”ことができるようになります。』



先ず、「受け取る」ことを求めがちで。
でも、それだと何も「受け取る」ことはできない。
先ず、自分ができることをすること。
見返りを求めず、誰かを助けようとすること。
そう、し続けたい。


~~~~~

NO.262
『不要な物があれば、それを必要としている人にあげましょう。
  そうすれば、いずれ何らかの形で、あなたに戻ってくるでしょう』



追加説明。

地域社会、学校、宗教、同業者など、あなたが属するコミュニティの人たちに対し、見返りを期待せずに奉仕することは、とても重要なことです。また、そのような行いをすることで生じる“ 自尊心 ”や、他の人たちへの“ 感化 ”といった無形の利益も、とても大切なものなのです。

さらに、あなたが社会に貢献する事により、あなたが属するコミュニティの人たちの価値観に、影響を及ぼすことも事実です。あなたの行動は、人との関わり合いの重要性を示す、不言の、しかし確固としたサインであると共に、“ 成功に必要なのは、目標の達成に心から打ち込むことである ”ことを物語り、あなたが努力によって手に入れる“ 充実感 ”について他人に気づきを与えるサインでもあるのです。



見返りを期待しない奉仕の大切さ、というのは思う。
それに私は支えられている、とも思う。

与える立場になりたい。


~~~~~

NO.263
『自分が出世するための一番確実な方法は、
         他の人たちの成功を援助してあげることです。』



そう思うものの、今の自分からは遠いもの。

でも、大袈裟なものではなくて。
日常の些細なことなら、出来そうな気がする。
その積み重ねをしたいと思う。


~~~~~

NO.266
『状況が厳しい時ほど、前へ進み続けましょう。
  そうすれば、のんきに構えている人よりも
  早くゴールに到達することができるでしょう。』



至言。


~~~~~

NO.271
『プラスアルファの前進をするために、何かに取り組みましょう』



追加説明。

自分の仕事にだけプラスアルファの努力を注ぐようではいけません。“出会う人すべてに対して同じような心構えで接する ”ことを、あなたの人生哲学に加えなければなりません。あなたが約束した以上のことを実行する人間であるとわかったとき、周りの人たちがどんなに喜ぶか想像してみましょう。

プラスアルファの前進をすることの本当の利益は、“ 素晴らしい成功を実現するには、やることすべてにおいて常に努力を惜しまないことである ”という点を自ら学ぶことにあるのです



全ての場で、ということか。

「努力を惜しまない」・・・・なら、できそうだと思う。
し続けたいと思う。


~~~~~

NO.279
『真実は、偏見のない心でそれを探し求めている人にとっては、見つけやすいものなのです。』



追加説明。

可能性に向けて心を開き、情報を客観的に分析し、個人的な好き嫌いや先入観を捨てて物事を判断すれば、他人が見落としていた素晴らしい真実に気づくはずです。逆に、狭い心でいると、人生がもたらす最も素晴らしいものを手に入れ損なってしまうのです。
(中略)
あなたが行ってしまう可能性のある大きな間違いとは、自分自身を納得させて、間違った真実を受け入れようとしてしまうことです。他人をだますことは良くありませんが、自分自身をだませば必ず大きな災難に見舞われます。



他人のことなら、よく見える。
なんと偏見の多いことか。

先入観をもつことは仕方ないと思う。
でも、それ故に、自分の言葉しか、賛同の言葉しか聞こえない人のなんと多いことか。
それを、反面教師として見ていた。
自分はああはなりたくないと。

でも、自分のことは見えにくいのかも知れない。
自分を見つめる眼を持ちたいと思う。

『自分自身を騙せば必ず大きな災難に見舞われます』・・・・か。
一時期、本当に何もかも見失いそうになっていた。
それが「自分自身を(無意識のうちに)騙していた」ことであると気がついて、心が少し軽くなった。
自分自身を、客観的に見られるようになりたいと思う。


~~~~~~

NO.294
『あなたの心は、あなただけが支配できる唯一のものです。
      無益な口論のために、心を安売りしてはいけません。』



追加説明。

あなたは、自分の時間とエネルギー ―― 肉体的なエネルギーと知的なエネルギー ―― を、最大の見返りをもたらす仕事のために使うこともあれば、無益な行動に浪費してしまうこともあるでしょう。

心は完全にあなたの自由になる領域ですから、それを建設的な目的のために使うことも可能ですし、無益な口論のために、心のエネルギーばかりか、時間まで浪費することもありうるのです。どうするかは、あなたが自分で決めることです。

“ 活発で知的な議論 ” と “ つまらない口論 ” とでは、極めて大きな違いがあります。様々なテーマについて議論する場合、自分と考えを異にする人と、意見を交換し合うことによって、あなたの知識は増えてゆきます。反対に、取るに足らない事柄に関する言い争いに引きずり込まれてしまったら、頭脳も心も鈍くなってしまうのです。



今日(2月28日)届いたメルマガ。

以前から、言葉にはしないまでも、思っていたことそのまんまだったので、少し笑った。

議論について思っていることは、過去記事に幾つか書いているので、覚えているものを再掲する。
考え方として先ずあるのは、議論のしかたにある、

議論とは人の意見を聞いて理解する場である。(議論の仕方 内の、議論の精神より引用)


で、私は「討論」「議決」よりは「対話」、という考え方でいる。

そして、対話について。
Yahoo!国語辞書「対話」より。

たい‐わ【対話】 [名](スル)向かい合って話し合うこと。また、その話。


お互いが向かい合わないと「対話」ではないと思っている。
で、必要な力として
1)知識力
2)コミュニケーション力
を考えてはいた(以上、過去記事より再掲)のだけど・・・・もしかしたら、他にもあるのかも知れない。
それも、前提に「お互いが向かい合おうとする姿勢」があってのこと。
そうでないと。
議論にすらならないと思う。
自分を振り返るとかいう意味ではそれなりに有意義かも知れないが。


少し脱線した。
このメルマガで私の琴線に触れた言葉は、『あなたの心は、あなただけが支配できる唯一のものです。』の部分。

心は、私の自由になる領域。
つまらない拘りは置いておこう。
周囲に振り回されないように、
自分の中の闇に振り回されないように。

前を向いていたい。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

EDIT  |  15:29  |  読書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

♪緑のgooご利用ありがとうございます

お世話になります、緑のgooスタッフ石澤と申します。

日頃より「緑のgoo」をご利用いただき、まことにありがとうございます。
ブログパーツを貼っていただいてるのを拝見し、コメントさせていただきました。


感謝の気持ちを込めてグリーティングカードを用意しましたので、
ぜひご覧いただければ幸いです。

http://clover.green.goo.ne.jp/track/kg839amuY2JJu6Hi2rOV


また、先日新たなブログパーツをリリースしました。

時計機能がついたかわいいパーツですので、
もしご興味いただけましたら、こちらもご利用いただければ幸いです^^


引き続き「緑のgoo」をよろしくお願いいたします。

緑のgooスタッフ |  2010.03.31(水) 17:18 |  URL |  【コメント編集】

♪コメントありがとうございます。

わざわざ拙ブログにコメント頂き、ありがとうございます。

グリーティングメール、拝見しました。
私も過去記事にて紹介過去させていただいたことがあります。

その頃よりも、また、一段とパワーアップされていますね。
素敵です。

ますますご発展されますことを。
アカリ |  2010.04.18(日) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。