2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.02.20 (Sat)

努力で必然にしたい

今日の偶然を、

努力で必然にしたい。



最近(でもないか)、自分のブログに付けている「地球の名言」のプラグ。
(結構中程に付けているので、読む気にならないとなかなか読めないものであったりもする。)

いろいろな言葉に、ふと振り返りをしたくなったりする。

今回取り上げたのは、ジャズシンガーの「綾戸 智恵(智絵)(あやど ちえ)」(1957~)さんの言葉。



【More・・・】



~~~~~
申し訳ないのだけど、私は綾戸 智恵(智絵)さんのことをしらない。
なので、こういう人がいるのか、という程度の感想。

言葉が、凄く気になったから掲載した。


自分の知識のなさ。
自分の経験不足。

それはいつも感じている。

特に自分で気にしているのは、経験のなさ。
やっぱ、実際にしてみないと自分が動けない。
頭では「こうしたい」と思っていても、理想というものがあっても、実際の行動にまで落とし込めないと「できない」からだ。


最近、少し(どころではなく)考えさせられることがあった。

目の前の大切な「あなた」に、自分がどう接しているか?
「あなた」の苦しみを、しんどさを、理解できているか?
その原因は何か?
私にできることがあるのではないか?
私はできることをしていないのではないか?

そんなことが、ぐるぐると頭の中を巡っていた。
ここ2週間。


それに、一つの区切りがついたのは昨日のこと。
いい方向に向かうと良いと思う。


反省は残る。
2週間の間、何かをしたいと思っていたけれど・・・・具体的にどうすればいいのか、一人ではなかなか思いつかなかった。
アドヴァイスはいろいろ受けた。
その、一つ一つを覚えていたいと思う。

今回の区切りも、私の行動ではなく、単なる偶然の積み重ねなのかも知れない。

でも。
教えて貰ったことは、本当に嬉しく思っている。
(その方法は問わない。私に伝わったことが、嬉しいのだもの。)
そして、それ故に。
困り感の解消に向けて動くことができた。

区切りがついて。
「あなた」の笑顔が嬉しかった。

もっとも。
私にできることは殆どなくて。
連絡及び結果の確認、をしただけなのだけど。
実際に動く方々を目の当たりにできて、自分でもこうすればいいんだというモデルを見ることができた。
もし仮に似たようなことが起これば自分にもできるのではないかと思う。

だから。
その「偶然」を「必然」にしたい。

「努力」なら、私にもできると思う。
「必然」にする為に必要なことが「努力」であれば、いつか手が届くかも知れない。

私のずっと先を歩いている方々のように、具体的な行動で示せるようになりたいと思う。
EDIT  |  06:47  |  自身  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

♪私は単に

>今日の偶然を、努力で必然にしたい。

この人は偶然なのか必然なのかの見分けもつかないのかな?
と思いました。

偶然に悪いことも良いこと以上におこるでしょう?
偶然に起きた良いことなんか、天気が良いとか、青信号が続いたとか、環状線が空いていたとか、そんなものでしょうに。

良いことがおこったときはその時点で自分の努力が報われるときが来たって事ですよ。決して偶然なんかじゃないと思います。
中畑 |  2010.02.21(日) 00:58 |  URL |  【コメント編集】

♪芸術活動

いい作品ができる、というのは緻密な計算だけではないだろうし、
例えば詩を書いていて、いいフレーズが浮かぶというのは、何というか、「ふっと湧いてでた」的な部分はあると思うのです。
私はこの「偶然」という言葉をそう読み取りました。
(勿論、そういう意味ではない可能性はありますが。)
私は芸術も「守破離」ではないかと思っています。
なので、詩の例でいきますと普段からの積み重ねでいいフレーズを沢山思い浮かべられるというか、学習することによってインスピレーションがより生まれるようになるというか、私はそういう捉え方をしています。

>良いことがおこったときはその時点で自分の努力が報われるときが来たって事ですよ。決して偶然なんかじゃないと思います。

ありがとうございます(^^)
アカリ |  2010.02.21(日) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

綾戸さんと言えば、喋りの面白いオバちゃんとして有名じゃないですか!
偶然は存在するか否かってのは、もはや哲学の領域ですな。

国語の点数が悪かった僕が推測してみるに、
 テストを受けて高得点を取った。
 他人からは、偶然だと思われた。
 そう思われないように、努力して勉強した。
 次のテストも高得点を取れた。
 それにより、前回のテストの高得点は偶然でなく、必然であったと認知された。
・・・って感じかな?
KM |  2010.02.21(日) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

♪え、そうですか?

KMさんへ。

>喋りの面白いオバちゃんとして有名

え、そうだったんですか?
知らなかった・・・・(^^;)
中島みゆきさんみたいな??
(↑多分違う(笑))
あ、でも、みゆきさんの喋りと唄との落差は好きでした。

>偶然は存在するか否か

う~~ん、確かに「哲学」の領域になりそうですね・・・・。

でも。
ごめん、国語の例えは不適切だと思います。
だって、「他人からは、偶然だと思われた。」のでしょ?
この例えだと、「他者にどう見られるか」という話になるではないですか。
引用したのは、あくまで自分が「偶然」と捉えたこと、の様な気がするので。
アカリ |  2010.02.28(日) 15:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。