2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.10 (Mon)

水は土に染み込んで。

・・・・私のお陰とか、私の影響とか、そういうことを言うつもりはない。

【More・・・】


~~~~~
最初、あなたから声をかけてくれたときの言葉を覚えている。
「本当に、そんな些細なことを気にするのか??」

そう。
些細なことと言われると、それを否定しきれない。
でも、苦しんでいる人がいることも確かだから。
だから私はわざわざ言葉にした。
だから私はレポートを書いた。
分不相応なのは、承知の上。

知らなければいけないと思うから、そうした。
そして、あの場では私が一番知っていることだった。
知っているはずのことでもあった。

あなたが取り扱っていた問題にも、リンクしていることだった。


わざわざ問題にするな、という人もいる。
私は、それも良く知っている。

それでも。
声を出さなければ、人がどう考えているのかも分からない。
どう考えているのか分からなければ、「理解し合う」ことなど、ましてや「共に生きる」ことなどできやしない。


だから、あなたは行動を起こしたのでしょ?

反対の声は承知の上で。


~~~~~
その後のことは、私には分からない。
あなたが見たもの、聞いたもの。
その全てを知る事は出来ない。

あなたの海は深すぎて、私にはもぐれない。

でも。
当日、読ませて貰ったよ。
「障害」ではなく「障がい」と、あなたが書いていたこと。

そして、もう一つ。
「発達障害」・・・・そう言っていたね。
間違いなく。

「知的障害、という言葉よりは、意図を考えると、発達障害の方が上位概念だと思う」
(参考拙記事:広汎性発達障害の定義
私の言葉を信じてくれたんだね。
経験満たない私の言葉を。
経験豊かなあなたが。


ありがとう。


~~~~~
陰の部分は、私には分からない。
あなたの言葉、それが私の知る全て。

「取り上げる必要はない」という声に、驚いたのは母親。
そして、その声に対して「いや、違う」と声を出すことにしたのは、あなたの影響もあるはずだから。


今も尚反対の声があるのかは私には分からない。

でも。
成功、したのではないかな。

地域の人の、「見に行こう」という言葉。
きっと、それが「受け入れている」という証。



~~~~~
土に水が染みこむように。
じんわりと、でも確実に。
言葉は世界を包むから。
想いは人にも染みこむから。

だから、頑張ってくださいね。
これからも。


私も、頑張ってみます。
あなたと違うステージで。
あなたからは見えないステージで。

テーマ : 独り言 - ジャンル : 日記

タグ : 教育 特別支援教育 広汎性発達障害

EDIT  |  23:07  |  ちょい真面目<特別支援教育>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。