2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.22 (Sat)

スターダストレビュー「木蘭の涙」

知人が、スターダストレビューという歌い手さん(グループ)のファンで。
どんな歌を歌うのか気になっていたんだけど。

先日、聴く機会があった。

その透き通るような歌声が心の中に染み渡り・・・・そして、泣きたくなった。
自分の過去と重なる部分がある・・・・でも、全て重なっているわけではない。

現実はどうあれ、心に染み渡るというだけで痛みを感じるのは、いい曲であるということなのかも知れない。

スターダストレビュー「木蘭の涙」。
画像はこちら。(youtubeには複数のバージョンがあるのだけど、オリジナルということなので、こちらを貼ってみる。最も、私はピアノのイントロの こちら の方が好き。)
歌詞はこちら


以下、作品世界とは少し異なる「私の世界」の記述になるので、興味のない方はここまでで読むのをおいておいて欲しい。

~~~~
あっと。
これも先に書いておこう。

私は、スターダストレビューの曲では、「木蘭の涙」以外では、「少年」「トワイライト・アヴェニュー」が好き。

「少年」(画像はこちら。歌詞はこちら。)

「トワイライト・アヴェニュー」(歌詞はこちら。)

「少年」は・・・・「スタレビ=透明感ある切ない歌詞・曲調」という私のイメージからは少し離れているのだけど。
でも、ドラムの哀愁漂う曲がたまらなくいい。
歌詞の中の、夢追う少年像もいい。

「トワイライト・アヴェニュー」は、私が始めて聴いたのは ピアノアレンジ なのだけど。(一番好きなアレンジなのに、画像が見つからない(泣))
ポップス調 も、アカペラ も、素敵。

【More・・・】

~~~~~
では、あらためて・・・・というか、ついてきている人は少数派だと思うので、その「奇特な方々」(笑)に向けて(笑)。


木蘭。
私が以前住んでいたところのお隣に、木蘭の木があった。
私の家の窓から、手を伸ばせば届きそうなほど近くに枝があった。

普段はあまり意識したことがない。

でも、花が咲くと、その薫りに「ああ、木蘭の花が咲いたなあ・・・」と思う。

その時は、大抵、私自身に何らかの「別れ」がある。

別れたくて、別れる訳ではない・・・・そんな、切ない別れ。
仕事を始めたのにも、「別れたくない別れ」を少なくしたいという想いがあったから。

(実は。
仕事を始めて尚更、「別れ」が増えたことは確か。
立場上仕方ないか(苦笑)
でも、仕事を始めてから、「別れ」は縁が途切れたように見えるだけで、縁自体は切れていないと感じることが増えてきていて、嬉しい。)

だからかな、スタレビの「木蘭の涙」の歌詞が胸にぐっと来て、切なくなるときがある。

♪いつまでも いつまでも
側にいると 言ってた
あなたは嘘つきだね
心は置き去りに♪

去られて悲しいのは分かる。
予期せぬ別れなら、尚更。

でも。
「嘘つき」になる積もりの無かった人に対する「嘘つき」の言葉は、痛い。

ずっと側にいるつもりだったのに。
叶えられなくて辛いのは、去る側も同じ。

そうして、私の心は返歌を求める。
・・・・それが杏里の「オリビアを聴きながら」だった。(画像はこちら。歌詞はこちら。)

♪出逢った頃は こんな日が
来るとは思わずにいた♪


~~~~~~
そうそう。
スターダストレビューも、「オリビアを聴きながら」をカバーしているらしい。
探したのだけど、画像を見つけられない。

聴いてみたい、そう思ってはいる。 

テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

EDIT  |  08:38  |  歌曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

♪詩的

お久しぶりです(^^ゞ

アカリさんの曲紹介はとても詩的ですね。
どういう心模様でお聴きになられているかすごく伝わります。
まさる |  2010.06.20(日) 20:43 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございます!

まさるさん、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。

まさるさんの、スタレビの曲紹介を読んで。
その表現が素敵で。
で、聞きたくなって聞いてみたのが、この記事を書いたきっかけです。
(連絡していなくてすみません。
見つけてくださってありがとうございますm(__)m)

曲紹介。
う~~ん、私のは「曲紹介」ともいいがたいような気がします(^^;)
「曲」になると、「この曲が良いのよ」しか書けなくて・・・・そういう文才がないのかも知れません(^^;)

で、「曲を聞いたときの想い」なら文章化できるというか。
そういう書き方が私にとっては自然なのだと思います。

「詩的」ですか・・・・ありがとうございます(^ー^)
アカリ |  2010.06.20(日) 22:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。