2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.02.07 (Mon)

出来る人が、出来る時に、出来ることを

聞いた言葉、そして印象に残った言葉。

残しておきたいと思う。

その時の気持ちと共に。

【More・・・】



~~~~~
思わず、司会をしていて泣きそうになった。

今年度最後の学級PTAの懇談会にて。

悲しいからでは、ない。
嬉しいやら、申し訳ないやら、ありがたいやら。
そんなものが、ないまぜになって。
話しながら、つい、うるうるっときてしまった。


~~~~
いつもはいない顔ぶれもいた。
PTA会長さん。
他のクラスの学Pさんとお話ししていたのは見たし、もしかしたら・・・・という予感はあったものの。
後ろの方の席に座られたのを見て、私も多少びっくりしたけど、集まった方々もびっくりしていた。
まあ、前例ないものね・・・・PTA会長さんが、自分の子どもさんの学年ではない学年に来ているのも。

「これから、新役員の話をしますが・・・・どうしましょう?先に話されますか?先ず、経緯を話した方がいいですか?」
事前打ち合わせがないから、会長さんにその場で話をふるしか無くて。
で、どうやら後に話されるようなので、私が先ず経緯説明。
(本当は、私は司会ではなく、書記をする予定だった。でも、この「新役員決定までの経緯」を知っているのは、このクラスでは私しかいなくて・・・・で、司会者が「司会苦手(;;)」とも言っていたので、思い切って全部交代した。・・・・私も、司会は得意ではないのだけど、まあ、そこはまだ、「しなければいけない場面」が多かったもので(苦笑)苦手意識はそれほど無い。
上手くはないのだけど(^^;))

経緯を話しながら。
自分自身のこととの重ね合わせて、つい、泣きそうになった。
マスクをしていたのが幸いというヤツ、かな。

経緯を要約すると。
皆様、それぞれの「事情」というものがある。
だから、新役員がなかなか決まらなかった。
でも、決めなければならないから・・・・決まりを遵守する、そういうやり方しかできなかった。
(その過程で、相手の事情を知った現役員は、「それでも」とお願いすることは出来なくなってしまった。
個人的には「できれば免除してあげたい!」という方ばかりだった。
かといって、「私が来年するから・・・・」とも言えなくて。
何処かで割り切らなければいけないのは分かっているものの、そこまで思い切れなかった。
だから、企画会がある日を狙って(笑)学校に相談に行った。
その時、PTA会長さんが「決まりは決まりなのだから、それに基づいて決めるしかない。それがPTAとしての決定であり、会長としての決定です。」と話して下さり、そこで方針等が決した。)


で。
どうして、私が経緯を話したか。
それは、私達現役員が大変だった、ということを言いたかったのでは決してなくて。
皆様大変だとは思うのだけど、それでも新役員をして頂けるのだから、是非手助けしてほしい、ということを、伝えたかった。

(企画会があった日の段階・・・・PTA会長さんに現役員が話をした時には、まだ新役員候補者の了承は得ていなかった。だから「まだ役員は変更もありえる。どなたが役員になってもご協力頂きたい。」と話す予定だった。私のクラスにいた新役員候補者が了解してくれたのは、本当、懇談会前日の夜。)


その話の時に。
やっぱり、自分の話もする訳。

仕事の都合で役員として参加できない行事があったり。
準備を他の方々にお願いしたり。
私はそうして、一年過ごしてきたんだと。
もう一人の同じクラスの学Pさんには、或いは失礼な言い方だけど、私達は二人で一人前で、他の皆様のお陰で何とか全ての活動をこなしてきたんだと。


その時に。

自分が運動会のバザーに参加出来なくて、でも「ううん、仕方ないよ。旦那さんに出て貰わなくても大丈夫だから。」と言われたこととか。
自分の子どもが休んだにも関わらず学P活動をして、切ない思いでいたこととか。
「それでも、最後まで活動にいてくれてありがとう。」と言われたこととか。
準備不十分がある学P活動に、「親子とも楽しめた。ありがとう。」と言われたこととか。
いろんなことが、だーっと頭の中を駆け巡って。
で、つい、うるうるっときたのだと思う。


~~~~~
表題の、「出来る人が、出来る時に、出来ることを」というのは、PTA会長さんから聞いた言葉。


~~~~~
実は。
この言葉、私には少し飲み込めない所がある。

「出来る時に、出来ることを」というのは、常に思っていた。
だから、忙しい時には本当に何も出来なくなるから、出来る時には出来る精一杯のことをさせて頂いた。

飲み込めないのは、「出来る人が」の部分。
足掻いて、足掻いて、それでもどうしようもない部分も、他の方々なら可能だという意味なら理解できるのだけど・・・・
それなら、役員って何なんだ?というのがある。「出来る人が役員をする」というよりは、「事情があっても持ち回り」的に役員が決まっている、という感触が拭えないでいる。

・・・・私が、素直にとれていないのだろうけど。

近辺の学校の状況を多少は知っていて、PTA活動もいろいろだなあと思っているから、しんどさも感じてしまうのだ。

PTAと地域活動が一体になっているのも、この土地の良さだ、と思っているんだけど。


~~~~~
私は、多分「出来る人」ではなかったと思う。

でも、無い物ねだりしても仕方ない。
「出来る時に、出来ること」はやった。
そう言い切れる。
だから、今年は満足。



~~~~~~
お世話になった方々へ。
また、呑み(か遊び)に行こうね。
EDIT  |  05:55  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。