2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.02 (Sun)

携帯フィルタリングの基準作り、難航

携帯フィルタリングの基準作りが、難航しているようだ。

携帯フィルタリングの基準作り、MCFが具体化へ・参加者間で温度差もより。

携帯向けコンテンツ事業者の業界団体モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は28日、携帯サイトの健全性の基準を策定する第三者機関設立に向けた3度目の準備会合を開いた。18歳未満の未成年者が利用に適したサイトを業界で独自に認定するための第三者組織の概要案を事務局が提示。コンテンツ事業者などが基準作りのあり方について意見を交わした。

(中略)
会合に参加したコンテンツ事業者などからは計画書案に対し「有害サイトだけを排除するブラックリスト方式を基本とすべき」と、認定基準の緩和を求める意見がある一方、「SNSやブログを容認して再び社会問題が起きれば取り返しがつかない」「6月に向けた議論はあまりに拙速」「健全と認定したサイトで問題が起きれば誰が責任を取るのか」などの慎重論も寄せられた。具体的な基準作りを前に、会合に参加する事業者間での姿勢の違いも目立った格好だ。

MCFの岸原孝昌事務局長は「どのサイトが有害であるかを決めることは極めて困難」とする一方、「個人にとって有害なサイトが何かということは一律に決められない。サイトで起きうる問題の責任まで取る制度ではないだろう」との見方を示した。準備委員会メンバーで議論を重ね、3月中に組織の概要を固めるという。

 携帯フィルタリングをめぐっては総務省でも検討会を設置。特定サイトしかアクセスできなくするホワイトリスト方式は行き過ぎであるとして見直しを求める意見が出るなど、基準のあり方について議論が揺れている。

とのこと。

【More・・・】


~~~~~~
何だかなあ、といった感じ。

特定サイトしかアクセスできない「ホワイトリスト方式」だと、公式サイト以外のオークション、ゲーム、携帯小説などの一般サイト、例えば塾やスポーツクラブなどのサイトにはアクセスできなくなるらしい。
だから、基準のあり方について議論が揺れるのは、ありがたいことだと思う。

「有害サイトだけを排除するブラックリスト方式」で、「有害」とは何だろうか?
「有害」と「無害」って、線で区切れるものではない。

社会通念上の「健全」「不健全」は、確かに存在する。
んで、私は・・・・エロサイトとかは、「不健全」と思うし、自分の子どもに見て欲しいとも思っていない。
ただ、「私の感覚が正しい」という気はない。「正しさ」とか「道徳的倫理観」とかいうものが普遍的なものとして、それに近づきたいとは思うけれど、自分が全く正しいとも思えない。
それが「有害」かどうかは使う人自身の問題。

「サイトで起きうる問題の責任まで取る制度ではない」という、岸原孝昌事務局長の言葉に同感。
でも、「有害サイトは排除されている」状態で、何か問題が起こればその「有害」基準が適切だったか、という所までは考えると思う。
「有害」基準が見えにくいのも問題と思うし、「有害」かどうかは使う人自身の問題とも思うので、基準制定自体に違和感がある。

前記事:携帯向け有害情報フィルタリングでも書いたけど、いろいろなものがあって、それを取捨選択していく姿勢が必要だと思う。

~~~~~~
参考リンク:
・ネットエイジアリサーチ 携帯電話フィルタリングサービス調査結果~中学生・高校生意識調査~
どうする? 子供ケータイ有害サイト対策(1)
どうする? 子供ケータイ有害サイト対策(2)--中学生の1割が「メル友あり」
EDIT  |  16:55  |  ちょい真面目<ネット関連>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。