2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.18 (Fri)

ブログ運営における「自己責任」

少し、読んでいて疑問に思ったので、自分の記事にしてみる。

SWさんの記事「私のゲストブックでの繰り返しコメントについて」より、引用。

この問題の要因は米国の銃社会における「自己責任」の概念だとも思って居ます。
yahoo!jpは着信拒否機能をサービスすべきです。

ここは日本なのです。自己責任で解決する考え方は日本文化にそぐわないと思います。


注)他にもこの記事について疑問点はあるのですが、(例:礼儀について)それについてはSWさんのブログに直接書き込んでいます。

んと。
『Yahoo!は着信拒否機能をサービスすべき』というのには、同意しているんだ。
(過去記事:「転載:Yahoo!ブログへの要望」参照)

でも。
ブログはそもそも「自己責任」の世界、なのではないか?

【More・・・】

ブログ運営において、記事もコメントも自由に作成できる。
また、管理人には他の人のコメントをも削除できる権限がある。
そういう権利の行使は全て自己責任において行われている。
当然、それに伴うもの(行使したものにたいする評判等)は全て、管理人の責とされる。

(『着信拒否機能のサービス』というのも、自己責任故に必要とされるからサービスを求める、というのなら論として分かる。)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 責任より、「自己責任」の項を引用する。

自己責任(じこせきにん)という言葉は現在多義的な言葉となっている。

第一に、「自己の危険において為したことについては、他人に頼り、他人をあてにするのでなく、何よりもまず自分が責任を負う」[1]という意味がある。「お互いに他人の問題に立ち入らない」という価値観によるものである。アメリカ社会における国家観に立脚した行政改革・司法改革による事後監視、事後救済社会における基本原則の一つである。もっとも、この原則は十分な情報と判断能力がない場合には妥当しない。

第ニに、「個人は自己の過失ある行為についてのみ責任を負う」という意味がある。個人は他人の行為に対して責任を負うことは無く、自己の行為についてのみ責任を負うという近代法の原則のことである。

第三に、「個人は自己の選択した全ての行為に対して、発生する責任を負う」という意味がある。何らかの理由により人が判断能力を失っていたり、行為を強制されている場合は、本人の選択とは断定できないため、この限りではない。

第四に、「証券取引による損失は、たとえ予期できないものであっても全て投資者が負担する」という意味がある。証券取引はもともとリスクの高いものであるから、たとえ予期できない事情により損害が発生したとしても、投資者が損失を負担しなければならないということである。(参照⇒投資家の自己責任原則、損失補填の禁止)

(以上)

私は、「ネットの自己責任」は第3の意味に近いものではないかと感じている。
(勿論、第2や第1の考えも含めていないわけではないのだけど・・・・「自分の意見」である以上「自分で説明すべき」と思う、そういう考えでいる。)

~~~~~~
「自己解決」というのが日本文化にそぐわないか、という所はまだ考えって纏まっていない。
(だからこそ、良い勉強の仕方ってあるのかなあ?のコメント欄で拝見したSWさんの考え『最近、私は日本人には「自律」は無理、当然「西洋型民主主義」は不可能であると結論付けました。』というのに興味がある。)

ただ、ネットにおいては。
「自己責任」で書いたりしているものではないかと思う。
EDIT  |  02:04  |  ちょい真面目<ネット関連>  |  TB(1)  |  CM(14)  |  Top↑

Comment

♪ブログ運営と言うよりも

このネット上では当然の理論の帰結だと思います。

ネットの中に一般社会で「面付き合わせて」の常識を持ち込むのは非論理的ですし、逆もまたそうです。
ネット上でも実社会でも同様に大切なのが自己責任の考え方だと思います。
中畑 |  2008.04.18(金) 21:31 |  URL |  【コメント編集】

♪コメント転記及び覚書

(SWさんの返答は確認していませんので、状況によっては少しリンク先を変更します。)
●私のゲストブックでの繰り返しコメントについて
http://blogs.yahoo.co.jp/sw5491/55805825.html#55884454にて、
『<アカリ>さん、TB有難う御座います。
コメント書き込みましたがエラーになってしまいます。
yahooブログの方にコメントさせて頂きます。
2008/4/18(金) 午前 2:39 SW』
とお返事頂きました。

●拙Yahooブログのゲストブック(魚拓)
http://s02.megalodon.jp/2008-0419-0639-20/blogs.yahoo.co.jp/planetnine_akari/MYBLOG/guest.htmlにて、
『「自己責任」のTB有難うございます。
貴女は私の答えを既に記述されています。
現状認識は同じです。
違うのはではどうすればよいか?
ここは日本なのです。・・が答えです。
<ccomori>
さんとの対話を読んで頂けると幸甚です。
2008/4/8(火) 午後 10:58 付けの記述です。
http://blogs.yahoo.co.jp/ccomori/MYBLOG/guest.html?p=2
2008/4/18(金) 午前 2:55 SW』

此処に書かれていた、
●omoriさんのブログのゲストブック(魚拓)
http://s03.megalodon.jp/2008-0419-0634-16/blogs.yahoo.co.jp/ccomori/MYBLOG/guest.html?p=2
の、該当コメント
『何度も申しますが、>お互い様と見られかねません。<・・・という感覚。
これ自体が対等ということが善であるという誤った悪平等に依拠した考えなのではありませんか?
恐らく世の中に「善」などというものは無い。とさえ言いたいのではないでしょうか?

↓悪の得意な論理です。
おめ~、この意間右折禁止違反しただろ。あれだって立派な犯罪だ。
だからエラソーなこというじゃね~。
服従しろ、殺すぞ!・・・の論理です。
この種の手合いに宥和政策は逆効果なのです。

答えは「躾」です。強制的生活指導しかないのです。
yahooブログはアメリカの文化です。銃社会が基本のじこ責任の世界なのです。

何故yahoo文化の前提で話をされるのでしょうか?
もっと自国の文化を大切にしようではありませんか。
人に上下ありです。何でも平等ではありません。

 2008/4/8(火) 午後 10:58 SW』

以上、SWさんのご意見。

~~~~~~~
以下、覚書。
同じ内容を、SWさんの所に書き込みに行くつもりですが・・・・。

●私は、『自国の文化は人に上下あり』という所から、まず、よく理解できません。
だからこそ、拙記事本文中に『最近、私は日本人には「自律」は無理、当然「西洋型民主主義」は不可能であると結論付けました。』というのに興味がある。』と書いています。

●Yahooがどう、というより、ネット社会でのネット文化、というのが「発言の価値は現実生活の立場等によらない」というものである気がします。
実名で発言していないという意味では平等、ですので、発言の重みというものは平等であると思っています。

●『対等ということが善であるという誤った悪平等』
・少なくとも、議論は「対等」な立場で行われるものであると思います。
SWさんは(「躾」と称して)中畑さんに「ブログをもつという、対等な立場での発言」を求めていたと思っていたので、少し此処の言葉の意味が私には掴みかねています。
・悪平等・・・・『平等に扱うこと、平等を重視する政策等が向上心の減退や逆差別等を生み、かえって社会に弊害をもたらすこと。(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%AD%CA%BF%C5%F9)』
どう「弊害」があるのか、よく分からないでいます。

●『答えは「躾」です。強制的生活指導しかないのです。』
「しかない」というのはSWさんの結論であり、一般化されるかどうかは別物と思っています。
誤解のないように書きますと、SWさんがSWさんの結論に基づいて行動するのは、それこそ「自由」だと思います。
それこそが「自己責任に基づく行動」だと、思っています。
アカリ |  2008.04.19(土) 07:02 |  URL |  【コメント編集】

♪中畑さんへ。

>ネット上でも実社会でも同様に大切なのが自己責任の考え方だと思います。

私もそう思います。

ただ、別記事等で何度か書いたと思いますが、

>ネットの中に一般社会で「面付き合わせて」の常識を持ち込むのは非論理的ですし、逆もまたそうです。

ここの「常識とは」の部分が、まだよく纏まっていないのです。
それこそ感情論なのかもしれませんが・・・・。
アカリ |  2008.04.19(土) 07:14 |  URL |  【コメント編集】

♪ブログに限らず

 自身の属するコミュニティの枠を越えて情報を共有できるインターネットに対して「自己のもつ情報を発信する」という行為は、当然に逆の立場もワンセットで付いてきます。「自己の許容範囲外からやってくる他者の情報を受信する立場」が。

 そこにあるのは「自己責任」などという難しい話ではなく、単に「広げた風呂敷の分だけ、綺麗にたたむ必要が生まれる」だけのことで。

 自己の信頼するコミュニティ内であれば、風呂敷の状態や後始末に無頓着でも「優しくて世話焼きな誰かが、代わりに風呂敷を畳んでおいてくれる」こともあるでしょう。また、そもそも「広げておいた風呂敷が意図しない形に乱される」こともないかもしれません。
 でも、それは「日本の文化」と言うほど立派な、普遍的なものではありません。
 単なる「身内頼り」「お上任せ」意識への依存と言ってしまうことすらできます。

 もちろん、ある程度の「規制」「お上/身内効果」が必要なレベルというものもあります。何でもかんでも無規制・無制限では、どこかで公共性や個々の自由が不当に侵害されてしまいますし。
 とはいえ、ことブログサービスを利用している側が「人に上下あり」を錦の御旗にして「自分が他者の上に在る」べく声を挙げている風景には、どうにもシュールなものを感じるところではあります……Yahooに対しても非難者に対しても「あくまで自分が上」ですよね、このスタンスって。

 人間、なかなか「人の下に収まる」ことをよしとはできないものです。
 であれば、せめて「上にばかり立ちたがる」のくらいは自粛する方がいいな、と思ったり思わなかったり。謙虚さが売りなはずの日本人的にはw
Tamanegi |  2008.04.19(土) 09:13 |  URL |  【コメント編集】

♪こんばんわ

ネットとか関係無しに、個人が書いたモノを誰でも見れる場所に公開しているのだから、「自己責任」云々とか難しい言葉を使わなくても、書いた人に責任があるのが当たり前、ですよね。最近自身が無くなってきましたが、、、

「自己責任」の概念とか、日本文化とか、なんでそんな話になっちゃうのかなぁ、と不思議に思いました。
五郎蔵 |  2008.04.19(土) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

♪Tamanegiさんへ。

>当然に逆の立場もワンセットで付いてきます。「自己の許容範囲外からやってくる他者の情報を受信する立場」が。

此処の辺りがね。
どうにも、見えにくいというのもあると思います。

私は、最近ではそうでもないのですが、「ブログに書く」という行為を、虚空に向かって話しかけるようなものだと思っていたことがあります。
誰かが反応してくれるわけではなく、ただ自分の思いを仮に置き、文字化することで自分の中にフィードバックしていく、という。

簡単にブログ作れるし、ご覧の方々からコメント、というのもあまりなくて・・・・お邪魔した先のブロガーさんが遊びに来てくれる、そうしてコメント欄が広がっていく、という経緯を経ていったもので。
PC使い出してからです、「発信している」というのを実感できるようになったのは。
「発信している」という意識自体が希薄であれば、当然、「受信している」というのも希薄になるなあ、という理解の仕方でいます。

>「人に上下あり」
私は、そもそもこういう考え方自体に違和感を感じてはいるんです。
得てして、自分を上に置いてしまうものだから。
自分を上に置いてしまうと見えなくなるものは多いと思います。
アカリ |  2008.04.23(水) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

♪五郎蔵さんへ。

>書いた人に責任があるのが当たり前
私も、そう思うんです。
じゃあ、どう責任があるんだ、責任をどうとるんだという考え方はいろいろでしょうし、明確化も一般化も私にはできません(し、おそらく出来ないものであるでしょう)が・・・・。

>「自己責任」の概念とか、日本文化とか、なんでそんな話になっちゃうのかなぁ
私、「日本文化」というものと、どうしても結びつかなくて・・・・
アカリ |  2008.04.23(水) 23:49 |  URL |  【コメント編集】

♪覚え書き

SWさんにお返事いただいていない件。

◎「礼儀」「自分のブログでの繰り返し返答」について
●常識の違い
http://blogs.yahoo.co.jp/musyu2005/52985207.html
こちらは、他記事にはコメントはあるものの、読んでもらっているのかも不明です。SWさんのブログでの話ではないから、尚更対処に困ってはいます。
(追記:私のコメント部分:http://blogs.yahoo.co.jp/musyu2005/52985207.html#53011897)

◎SWさんの「自己責任」論
●私のゲストブックでの繰り返しコメントについて
http://blogs.yahoo.co.jp/sw5491/55805825.html
こちらは『<アカリ>さん、話の経緯が乱れてきています。
意味ある対話がしたいので整理する時間を下さい。
2008/4/20(日) 午後 1:21 』との言葉を頂いています。
アカリ |  2008.04.23(水) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

♪>得てして、自分を上に置いてしまうものだから。

私はここ5年ほど、逆の状態が続いています。
さららさんにも注意されたことあるんですけど、鬱なのかな~?
Nyarlathotep |  2008.04.24(木) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

♪Nyarlathotepさんへ。

>得てして、自分を上に置いてしまうものだから。
あ、私も逆に置いてしまいがちです。

同志よ!
(あ、嬉しくはないですね・・・・すみません)

でも、「うつ」とかってよりは、考え方なのかな、という気はしています。
アカリ |  2008.04.24(木) 00:29 |  URL |  【コメント編集】

インターネットは、性善説を基として広まっていったって部分もあるので、
悪に対することを、あんまり考慮されてないんですよね。(コンピューターウイルスとか)
ネット関連では自己責任っていうよりは、「自分の身は自分で守れ」って意識でやっています。
おそらく、重要なことは危機管理、自己責任はその一部だと思います。
KM |  2008.04.24(木) 11:39 |  URL |  【コメント編集】

♪KMさんへ。

>インターネットは、性善説を基として広まっていったって部分もあるので

そうらしいですね。
もっとも、私はhttp://planetnine.blog97.fc2.com/blog-entry-423.html位しか調べていませんが・・・・。

>おそらく、重要なことは危機管理、自己責任はその一部だと思います。
普段だと、「危機管理」とかって意識なくなります・・・・気をつけないと。
アカリ |  2008.04.24(木) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

♪日本人の自律について

考えが多少具体的構築されてきました。

ご来店期待しています。
sw5491 |  2009.01.31(土) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

♪sw5491 さんへ。

「惑星ナイン」へのコメントは、初めまして。

ご連絡、ありがとうございます。
アカリ |  2009.02.01(日) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

4ヶ月、1本もあげられなかったら・・・

先日、弊社からあるネット系ベンチャーキャピタルに1ヶ月ほど前にご入社をされたTさんと食事をしてきました。「けっこう忙しい」「新卒が入社してきたので、プレッシャーありますね!!」などと言いながらも、ネット系の中でも先端、これから伸びる可能性の高い分野で仕...
2008/04/18(金) 02:11:20 | 転職のやり方
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。