2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.24 (Sat)

中学社会の指導要領解説書に「竹島は日本領」と明記

憲法改正社 さんの 中学社会の指導要領解説書に「竹島は日本領」と明記を拝見して、ニュースの存在を知った。
(確か同じ日にgoogle見たんだけど、知らなかった・・・・)

指導要領には記載がないとしても、「解説書」に記載ということは、実質的には「教えるべき事項」になったということ。
教科書にも、当然反映される。

実際「どう教えるか」は、学習指導案(教員(学習支援者)が授業・講習などをどのように進めていくかを記載した、学習指導・学習支援の計画書:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 学習指導案より)に出てくる、「単元の目標」「本時の目標」を何処におくか、になるんだろうけど。

~~~~~~
読売新聞 中学社会の指導要領解説書に「竹島は日本領」と明記 より、全文引用。

文部科学省は17日、中学校社会科の新学習指導要領の解説書に、韓国と領有権を巡って争いのある竹島を「我が国固有の領土」として新たに明記する方針を固めた。

 これまで指導要領や解説書には北方領土に関する記述はあったが、竹島の記述は日韓関係への配慮などで見送られてきた。民間の出版社は指導要領や解説書に沿って教科書を作成、竹島の記述の有無も出版社で異なっており、今回の措置は、今後の教科書作りに影響しそうだ。

 解説書は、10年に1度程度の指導要領改定に合わせて文科省が編集、小中高校の各教科ごとに作成し、指導要領の内容を補足する。

 同省は「教科書検定の基準として拘束力を持つのは指導要領だが、解説書も指導要領の解釈に関する記述には実質的拘束力を持つ」としている。指導要領同様、教師が授業を行う際の指針ともなる。

 同省は今年3月の小中学校の新指導要領の官報告示を受け、新解説書を6~7月に完成させる。新指導要領は小学校では11年度、中学では12年度から全面実施される。

 竹島 島根県隠岐の島町に属し、東西2島と周辺の岩礁で構成。総面積は東京の日比谷公園とほぼ同じ。日本政府は1905年1月、島根県編入を閣議決定。韓国は52年、李承晩大統領が「李承晩ライン」を設定、竹島の実効支配を開始。2006年、日本は韓国の竹島占拠を「不法」とする答弁書を閣議決定した。

[解説]掲載教科書 増加も
 文部科学省が新学習指導要領の中学校社会科の解説書に明記する方針を固めた竹島の記述を巡っては、2005年3月の参院文教科学委員会で中山成彬文科相(当時)が「次の指導要領ではきちんと書くべきだ」と述べ、同省で検討した経緯がある。

 しかし、新要領案の発表時期が今年2月で、李明博(イミョンバク)大統領の就任式(2月)や来日(4月)と近く、李政権との間で日韓関係改善への期待が高まっていたこともあり、実現しなかった。

 そこで、文科省は自民党内の不満に応える意味からも、大統領来日後に作成時期を迎えた新解説書への明記という対応をとったもので、今後、竹島問題を取り上げる教科書の増加も予想される。(加藤理一郎)

(2008年5月18日 読売新聞)



ちなみに、「竹島」についての外務省見解。
外務省:竹島問題より。

竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場

竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。
韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。
※韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。


EDIT  |  04:35  |  ちょい真面目<教育>  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。