2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.22 (Sun)

唇から~~Scene 4. Fin.~~

唇からこぼれる想い

留められず溢れる想い

音にならずに漂う

【More・・・】

~~~~~~
page1.
半年経ったら言おうと決めた
その頃には変わっていると思った
嘘か誠か分からないまま
それは周囲に不誠実に思った
そうして挙げた記事を見て
あなたが此処に訪れた
そうね、あなたがいるならば
あなたが見守っているならば
私もあきらめたりはしないよ
でもね、あなたはあなた
あなた自身の言葉は
とても豊かで
訪れるたび心は躍る

page2.
あなたは微睡んでいる私を
揺り動かして
事態を変えようとした
その想いは本物だと思う
思うようにいかないことに
焦っている様は
見ていて苦しくもあった
意見は違うけれど
違和感は大きくはなるけれど
それでもそれは私の主観
凪になればいいとは
思っているんだよ

page3.
思いのままに
羽ばたいていたはずのあなたは
ささくれだった言葉を紡ぐ私を
見るに見かねて
そっと舞い降りてきた
そうして私を気遣いながら
ただ誠実に言葉を紡ぐ
それ故傷を負いながら
話し続けるあなたを
何とか救いたいのだけれど
どうすればいい?
道は一つしかないの?
もう少し、探してみようと思う

page4.
ただ心配した故に
素直な言葉を綴り続けて
そうして誤解もされていた
でも私は
あなたの素直な言葉が
素敵だと思う
またいつか来てね
今度は暖かい雰囲気で
出迎えられればいいな

page5.
隠れたまま
言葉を放つあなたを
どうしていいか
戸惑っている
今はまだ、何もしない
そう、今はまだ

page6.
あなたの言葉に確かさを感じていたよ
いつでも、そういつでも
どうしてあなたが
汚されなければならなかったのか
未だに納得はできないけれど
傷を知るものの優しさ
暖かさで
みんなのことをよろしくね
そして、ありがとう

page7.
考え方は違うけれど
あなたのその潔さは
見ていて心地いいと思う
あなたがいるなら
あなたの言葉が受け入れられるなら
きっときっと、大丈夫


~~~~~~
唇からこぼれる想い

本当はまだまだあるけれど

いつか心が求めるままに

唄にしてみたいと思う

その唄が

あなたに届けばいいと想う
EDIT  |  20:13  |  独白  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。