2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.28 (Sat)

知的に不誠実な批判

名指しをしないというのは“知的に不誠実”な批判、であるという考え方がある。らしい。

私は「知的に不誠実」ということ、「不誠実」ということ、そのあたりが実はよく分からないでいる。

「こういった論は間違いである」というのを自分で展開するのなら、別に名指しにする必要って無いのではないか、とも思う。

ただ、対話者がいて、その対話者に向けて発する言葉であるのなら、名指しをしない批判は「不誠実」ではないかなあと思っている。

その言葉が他者に向かうものなら名指しの方が誠実だし、自分への内省に向かうものなのなら名指しである必要はない、そう思っている。

~~~~~~~
名指しをしない批判は「反論」できないから、不誠実、ということだとは思うが・・・・自らの内省に向かう言葉に「反論」されると、「内省に向かう」目的とは違う話になるよね・・・・。
(「反論」自体を受けるのは、名指している以上、当然とは思う。ただ、その会話の結果、自らの内省とは違う方向になってしまったり、内省作業自体が遅れるのがどうもなあ、というだけ。)

それとも。
論自体が知的所有物であるから、その批判というのは「○○さんの」論であることを明記する必要があるのだろうか。
知的所有物ではあるけれど、相互に影響しあうものでもある。
○○さんを目の前にしていないときにも「○○さんの△△論は間違っている」とまで名指しする必要ってないと思うのだけど・・・・。

~~~~~
私が、議論に疎いからだろうか。
「知的に不誠実な批判」というのがよく分からない。

とりあえず記事にしてみたけど、付箋貼っておこう・・・・。
EDIT  |  08:49  |  ちょい真面目<心理・思想>  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

♪多分

前提があるんだと思いますよ。
1人の人間を批判する時に、名指ししないでその人を批判するのは、
不誠実だって考え方はわかります。
不特定多数、特定多数である、または一般論であるならば、
特に不誠実とは言えないと思います。
また場合によっては、名指しをすることにより、
実生活に支障をきたす場合もありますしね。

さららさんは、miracleさんから、確かそう言われたと記憶しています。

んでからさららさんは、Sadaさんが特定していないから、批判対象はさららさんであるはずだと自分で言ってみたんじゃないですかね。

ただ元々は、ある二人に向けたもので、1人はさくっと引いて、もう1人は自分が対象に入ったとは思っていない、思ったけど無視した、そんな感じじゃないですかね。
まあ知的に不誠実かどうかとは離れましたが。
すいません。
黒羊@中国 |  2008.06.28(土) 09:57 |  URL |  【コメント編集】

♪黒羊@中国 さんへ。

コメント、ありがとうございます。
>不特定多数、特定多数である、または一般論であるならば、
>特に不誠実とは言えないと思います。
ありがとうございます・・・・。

~~~~~
あと・・・・・
>んでからさららさんは、Sadaさんが特定していないから、批判対象はさららさんであるはずだと自分で言ってみたんじゃないですかね。

>ただ元々は、ある二人に向けたもので、1人はさくっと引いて、もう1人は自分が対象に入ったとは思っていない、思ったけど無視した、そんな感じじゃないですかね。

お気遣いありがとうございます・・・・。

でも、すみません。
さららさん宛に、記事書きました。(忍者の方にトラバ送っています)

http://planetnine.blog97.fc2.com/blog-entry-991.html

アカリ |  2008.06.28(土) 18:17 |  URL |  【コメント編集】

♪名指しをしないで書きこんだことがあります

相手の投稿が、「脅迫行為」であると、断定しかねる時に、

>脅迫行為はやめましょう。
>一般論としてw

>2008/4/18(金) 午後 0:25

と、名指しをしないで書きこんだことがあります。

・いきおいで書いてしまったとして、撤回してくれるか?
・脅迫行為ではないことをきっちり説明してくれるか?

なんとか穏便に済ませてくれることを期待したのですが、

>私の行為は「脅迫行為」になるのでしょうか?
と質問されたり、

ついには、
>脅迫行為とは、暴言だと感じます。
とまで、いわれると、
こちらも引っ込みがつかずに対決せざるをえませんでした。

無宗だ |  2008.06.29(日) 07:21 |  URL |  【コメント編集】

はい。この話の原典のおいらですよ。

もともとね、他人様に対して馬鹿とか屑とか死ねとか言うのにね、「誰を」批判しているのかその対象をぼやかしてリスクを負わないというのは人間として問題があるだろうよと言うおいらの哲学が言わせた言葉です。

んで、なんかの折にさららさんがおいらに対してあれこれ言ってたので、おいらが腹を立てて使った言葉さ。ここまで一般化されるとちょっと恥ずかしいけれども、おおよそは外していないと思う。
miracleさん |  2008.07.01(火) 15:03 |  URL |  【コメント編集】

♪無宗だ さんへ。

えっと・・・・http://planetnine.blog97.fc2.com/blog-entry-994.htmlの方に書きましたが、私は、
『名指しをしないという状態でも、「反論を受け付ける」態度であるべきだし、「自身の発言に対する責任の放棄」はしてはいけない。』
と、思っています・・・・。
アカリ |  2008.07.03(木) 00:41 |  URL |  【コメント編集】

♪miracleさん さんへ。

お久しぶりです。

えっと・・・・

>他人様に対して馬鹿とか屑とか死ねとか言うのにね、「誰を」批判しているのかその対象をぼやかしてリスクを負わないというのは人間として問題があるだろうよと言うおいらの哲学

あ、それは理解できるのです。
ただ、「名指しでない批判・非難・悪口」ならばリスクを負わなくてすむ、とは私には思えないだけなのです。

続編:http://planetnine.blog97.fc2.com/blog-entry-994.htmlに書きましたが、
『名指しをしないという状態でも、「反論を受け付ける」態度であるべきだし、「自身の発言に対する責任の放棄」はしてはいけない。』
と思っています。

ただ、反論可能な状態、というのが論拠を挙げて、とか、そういうところまで私の思慮が足りないのでしょうね・・・・。
アカリ |  2008.07.03(木) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。